スーツ

バンダイの面接選考内容【エントリーシート、1次面接~最終面接】

今回の記事では、玩具メーカー大手の「バンダイ」について面接含む採用選考について記載しています。エントリーシートの設問や各面接の雰囲気や質問内容について詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

書類選考、筆記試験

書類選考やエントリーシートの内容と回答例について

バンダイの総合職はWEBでのプレエントリーが約2万人、本エントリーが約5000人です。2014年採用から、多くの企業でも行われている「エントリーシートの郵送」から、エントリーシート(ES)をバンダイの社員が、就活生から直接手渡しで受け取る、「エントリーシート受付会」という催しを設ける形に変更されました。

東京の本社以外に、北海道、名古屋、大阪、福岡で開催され、来場前に予約を取った上で会に参加する形式です。

そこではただESを受け渡すだけではなく、まず自己紹介をして1人1分半程度の軽い会話をしてESについて学生が見てほしいポイントなどをアピールできることになっています。

バンダイのESはシンプルな項目ばかりで、設問がありきたりな分、内容によって大きな差が出ます。おもちゃメーカーということで、「子供時代に一番楽しかった思い出」など独特な設問があるのも特徴です。

 

「あなたとバンダイが一緒に働いてハッピーになれる理由を教えてください。」(フリー記入)

「あなたの最高に自分らしい写真をご紹介ください。」(A4用紙半分)

「あなたの波乱万丈のドラマを教えてください。」(フリー記入)

「あなたの『ありふれていない』ポイントについて教えてください。」(フリー記入)

「キャッチコピーを付けてください。」(ワンフレーズ)

 

筆記試験の種類と難易度について

バンダイのWEBテストは、数学、国語(漢字含む)、性格テストから成り立っており、SPIは他の企業よりも比較的易しい問題が多いとされています。その分、性格テストの配分が多いようで、性格テストが重視されると思います。

[ad#a]

 

グループディスカッション

面接官の数と役職

3名、人事担当の社員

面接会場

東京本社、大阪支社

雰囲気

1グループに6名、1回に8グループが一緒に行うグループディスカッション形式の選考です。全体的に和やかな雰囲気で行われます。

各テーブルに画用紙とペンが複数用意され、30分程度ディスカッションする時間が与えられ、時間内にプレゼンテーションの準備もします。和気あいあいとした中で行われるので、とにかく笑顔で楽しみながら活発な意見交換を心がけましょう。

面接官は、学生が一つにまとまって同じ目的に向かっていくことは企業において最も必要になってくる力であると考えており、その協調性や団結力を見ていると考えてください。全員が発言しやすいような雰囲気づくり、強み弱みも含めて前向きになんでも臆せず発言できる力がこのGD通過のカギといえます。

質問内容について記載してください

「新たな未知を想像せよ」

「海外赴任で、極寒の南極か灼熱のサハラ砂漠のどっち?」

「秘境に1つ持っていけるとしたら何を持っていく?」

「バンダイが新しい銀行を設立しました。どんな名前、コンセプトにしますか?」

「あるテーマに沿って、それをモチーフにしたヒーローと関連商品を提案せよ」

 

一次面接

面接官の数と役職

3名、中堅クラスの社員

面接会場

東京本社

雰囲気

学生5人ほどで臨むグループ面接です。バンダイは私服での面接かつ和やかな雰囲気で行われるため、非常に自由度の高いものとなっています。

カジュアルな環境だからといって姿勢を崩したり、言葉遣いを誤ったり、気を緩めないよう注意してください。バンダイは自己PRなどがだらだらと長くなりすぎるとかなりマイナスの評価になるようなので気をつけるようにしてください。

グループ面接となるので協調性は重要視される要素です。他の人が話している時も笑顔や頷きを忘れないようにしましょう。

よく聞かれるようなありがちな質問ではなく、少し変わった質問をされることもありますが、慌てずに落ち着いて対応していくことが大切です。

予想外のことが起きたときの対応力を見られている印象があり、アドリブがうまくできない人は少し苦労する可能性があります。

年度によってはこの一次と最終の間に二次が含まれることがあります。

 

質問内容について記載してください

「1分程度で自己PRを。」

「学生時代に頑張ったことは?」

「現在のバンダイの事業で足りないものは何か。」

「今までにハマった、熱中したものは?」

[ad#b]

 

最終面接

面接官の数と役職

7名、役員

面接会場

東京本社

雰囲気

最終面接は役員が勢ぞろいして圧倒されますが、話をじっくり聞いて頷いてくれるので全体的に和やかな雰囲気で行われます。バンダイの採用基準は、学生の内面や話し方など人物をみて評価する傾向が強いとされています。

準備や対策が難しいのでこれといった攻略法があまりないのですが、1つ言えるのはバンダイに行きたいという熱意と、自分らしく堂々とハキハキそれを伝えることに尽きます。変に目立とうとしたり、奇をてらうのは逆効果なので止めましょう。

バンダイは色々な個性と才能を求めている会社なので、選考においては一貫して自分という個性をいかに主張して発揮できるかです。その個性がバンダイの社風と合うかどうかを見られている印象があります。

突飛な質問もあったりしますが、あくまで人物像を見るためですので肩肘張らずに自然体で挑みましょう。真摯に、簡潔に、自分の熱い想いを伝えることを意識すべきです。あくまで、「目立った者勝ち」ではないことを留意しておいてください。

質問内容について記載してください

「1分間で自己PRを。」

「好きなキャラクターを3つ挙げてください。」

「その中から1つ選んで、なぜそれが好きか。」

「バンダイを動物に例えると何か。またその理由は?」

「バンダイでやりたいことは?」

「社長に1つ質問を。」

中途や第二新卒の場合は、転職エージェントをうまく活用して効率良く転職を進めよう!