履歴書の本人希望欄には何を書く?書いていいこと・ダメなこと

0 コメント
twitter
はてな
facebook

これまでに履歴書を書いたことがあるならば、「本人希望欄」という項目を見たことがあるのではないでしょうか。

あまり目立たない項目だと思われるかもしれませんが、ここをしっかりと正しく書けているかどうかは転職において大きな役割を果たしてくれることになるんですよ。

履歴書を書くときには、履歴書の見本を見ながら作成される方が多いですよね。このような見本には、本人希望欄の書き方などについてはあまり詳しい説明がされていません。

だからその内容について勘違いしてしまう人もいるんです。つまり、本人の希望欄に自分の希望をそのまま書いてしまう…ということですね。

残念ながらこれは間違いなのです。このように間違った内容を本人希望欄に書いてしまった場合には、それだけで不採用になることもあるのです。

そうなってしまわないためにも、履歴書の本人希望欄に何を書くのかをしっかりと理解しておくべき必要があるでしょう。

履歴書の本人希望欄に書くことは決まっている

基本的に、履歴書の本人希望欄に書くべき内容というのは大まかにではありますが決まりがあるんですよ。

  • 自分が連絡してほしい時間帯、つかない時間帯
  • 仕事をする上でどうしても妥協できない条件

書いてもいいのは上記の内容になります。つまり、ダラダラといくつも書くのは良くないということになりますよね。

本人希望欄に書くのはあくまで「絶対に譲れない条件について」書くべきなのです。

面接の時に聞いたりできることは、本人希望欄に書く必要はないということを覚えておきましょう。

本人希望欄に記入する内容は、企業からすると「この条件が叶わないと入社はできない、ということなんだな」と理解されるということなんです。

さらに何も書かないことでここを空欄にするのも印象が良くありません。ちょっと難しいかもしれませんが、ここは守っておきましょう。

特に書くことがない場合には、「貴社で定められている規定に従います」などと書いておくと良いです。

とにかく本人希望欄に限らず、履歴書の項目は空白にすることがないように気を配ることが大事ですよ。

本人希望欄に書いていいこととダメなことを知っておこう

ではここからは具体的に、本人希望欄にどんなことを書いたらいいのかー。逆に書いてはダメな内容についてもご紹介していきます。

本人希望欄に書いてもいいこと

まず、本人希望欄に書いてもいいことはこちらです。

  • 連絡が付きやすい曜日と時間帯
  • 転勤がどうしてもできないこと
  • 勤務時間(どうしても◯時には退社させていただきたい…など)
  • 現在働いている職場を退職する予定日
  • 自分が働きたい職場

まず、自分に連絡が付きやすい曜日や時間帯を記入することができるでしょう。

さらにこれから働いていく上でどうしても転勤ができない場合には、そのことを記入しておくと安心ですよね。

◯時には帰らないといけない理由がある場合にも、あらかじめ伝えておく必要があるでしょう。

現在職場で働いていて転職をすることになる場合には、退職する予定日を記入すると良いですね。

今回の求人がいくつかの部署から出されている場合には、自分が希望している部署を書いておくこともできるでしょう。

その場合には、必ず求人情報に載せられている名称のまま記載するようにしてください(混乱や勘違いを避けるため)。

ただしここで注意しておきたいことは、上の項目でも述べたように「本人希望欄に書くのは1つだけ」ということです。

いくつも書いてしまっては印象が悪くなってしまうので、一番自分にとって譲れない条件というものを絞りましょう。

本人希望欄に書いてはダメなこと

それではここからは、本人希望欄に書いてはダメなことを挙げていきますね。履歴書に記入している内容にマイナス面があると、かなり悪目立ちしてしまうことになります。

面接がマイナスからのスタートになってしまうことがないように、書いてはダメなことをしっかり把握しておく必要があるでしょう。

  • 希望の勤務地
  • 希望の年収(◯万以上希望します、など)
  • 希望の出勤日数(休日は◯日以上を希望します、など)
  • 「特になし」と書いてしまうこと

まず、「希望の勤務地」というのは、なるべく自分の家から職場が近くなるように、通勤時間を短縮させるためなどに近い職場にしてほしいなどと書いてはいけません。

理由は、こういったことを書くことで「ワガママな人材である」という悪いイメージを与えてしまうからです。希望の年収について書くのもやはりNGでしょう。

そして、特に希望がないからといって「特になし」とそのまま書いてしまうのもやはり良くありません。

特別に希望する内容がない場合には、上の項目でも述べたように「貴社で定められている規定に従います」と記載するようにしましょう。

本人希望欄への書き方も知っておこう

それでは、本人希望欄に記入する時には実際にどのような文面にすれば良いのかということを例文で見ていきましょう。

連絡が付く時間帯を記入する場合

今現在まだ職場に勤務している場合には、平日は連絡が付きにくくなることを記載しておく必要があるでしょう。

例文

「現在勤めている職場がありますので、連絡等がある場合には平日の午後6時以降でよろしくお願いいたします。」

職場や部署への希望を出す場合

介護や育児などによって、なるべく近場の勤務地を希望する場合や部署への希望を出す場合には、以下の例文になります。

「家庭の事情によって遠方での勤務が厳しい状況ですので、◯◯店舗での実働を希望します。」

「お客様と直接向き合って仕事をしていきたいので、◯◯部署への配属を希望します。」

勤務時間の希望を出す場合

子育てをしていて、まだフルタイムで働けない状況ならばそのことも記載しておくことができるでしょう。

例文

「現在育児をしておりますので、短時間勤務制度を利用させていただきたいと考えております。子どもが小学生になるタイミングで通常通りの勤務が可能になる予定です。」

本人希望欄をイメージの良いものに仕上げて履歴書を格上げしよう

履歴書の項目にある本人希望欄は、書く内容に注意しておけばそこまで難しいことはありません。

  • 書いてはいけない内容を理解しておく
  • 書く内容は1つだけに絞ること
  • 一番企業からの印象として良いのは「会社規定に従います」と書くこと

この3つだけは必ず覚えておきましょう。希望する内容を何でも書いてもいい欄ではないこと、我が儘だと思われてしまわないように気を配ることがとても大事です。

「会社規定に従う」と記載するのが一番無難ではありますが、どうしてもこれだけは譲れないという条件がある場合には記載する…ということを覚えておいてください。

細かい部分までしっかり気を付けて本人希望欄を記入することで、転職への要である履歴書をしっかりと格上げしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 22:47 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop