ビジネス

【NTTデータインターン】選考の倍率、ES内容、服装、内容、感想、内定に有利?

今回の記事では、「NTTデータ」のインターンシップについて面接含む選考について記載しています。エントリーシートの設問や、インターンの内容、内定への影響などについて詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

NTTデータのインターンシップの実施時期、日程

「NTTデータ」のインターンシップは、2017年には8月と9月に実施されました。これまでITやシステム業界において多くの人材を生み出してきた有力のインターンシップです。

「NTTデータ」のインターンシップの目指すところは、業界で必要な能力や知識を実際の業務を通じて学ぶワークショップ型とプロジェクト型の2つのプログラムから実施されます。

2017年の実施内容は、ワークショップにてITのビジネス創出がどのように行われるのか疑似体験をする「ワークショップ型インターンシップ」と、実際の現場で行われているプロジェクトの業務を体験する「プロジェクト型インターンシップ」に分かれます。

以下に、実施概要をまとめていきます。

「ワークショップ型インターンシップ」

期間

①8月7日~10日(東京)

②8月15日~18日(大阪)

③8月22日~25日(東京)

④8月29日~9月1日(東京)

⑤9月5日~8日(東京)

⑥9月12日~15日(東京)

場所

東京:NTTデータ駒場研修センターもしくは豊洲

大阪:NTT西日本研修センター

募集人数

約400名

「プロジェクト型インターンシップ」

期間

8月中旬~9月下旬を予定

場所

首都圏の事業所(主に東京)

募集人数

約60名

[ad#a]

NTTデータのインターンシップの選考の倍率

「NTTデータ」のインターンシップは、システムインテグレーター業界で最大手の企業ということで、ITに関心がある学生を中心に毎年数多くの応募者がエントリーするインターンです。

人気の大手企業でかなりの高倍率が予想されるインターンですが、「ワークショップ型インターンシップ」に関しては受け入れ人数が全ターム合わせて約400人と多いため、しっかりと対策を練って臨めば十分に参加も狙えるかと思います。

NTTデータのインターンシップの選考内容

選考フローは、①エントリーシート⇒②WEBテストとなっています。面接やグループディスカッションなどが実施されないため、それぞれの選考ステップはどちらも大変重要なプロセスとなるので、しっかりと対策と準備をしましょう。

エントリーシート(ES)の内容と回答のポイント

「NTTデータ」のインターンシップへの参加にはまずESの提出から始まります。選考はESとWEBテストのみで行われるため、このESは非常に重要です。

質問は大きく4つで、いずれも文字数が200字以内と短いので、凝縮した内容を簡潔に述べなければなりません。文章を書くコツとしては、まず結論を1文目で述べ、以下にその理由を説明するといった論理的な書き方が肝心です。

また、「なぜNTTデータか」を明確に述べることが大事で、他社との違いなど企業研究を通してしっかりと説明できると通過率が格段に上がるものと思います。

過去のESの設問

「あなたがNTTデータのインターンシップに応募した理由を教えてください」

「あなたがこれまでの経験の中で、最もやりがいを感じた経験を教えてください」

「あなたが日常でこれはおかしい、と感じていることは何ですか?その内容を理由とともに教えてください」

「あなたは集団で活動する際にどんな役割に就くことが多いですか?その理由とともに教えてください」

※いずれも200字以内

適性検査(WEBテストなど)

「NTTデータ」のインターンシップ選考では、ESとともにWEBテストが課されます。一般的な企業のインターンでは、WEBテストはいわゆる参考程度のものとして行われるケースが多いですが、「NTTデータ」ではこのWEBテストは数少ない選考プロセスのうちの重要な1つとなりますので、しっかりとした戦略が必要になってきます。

テストの内容としては2種類で、SPIに似たWEBテスティングサービスとTALです。WEBテスティングサービスは言語・非言語・性格診断といった内容です。TALは同社のほか複数のNTT系列の企業で用いられる図形を使った性格診断です。

WEBテスティングサービスについてはSPIの対策が完璧であれば問題ありません。おおよその目安は8割以上を得点できれば大丈夫ですので、スピード感をもって的確に処理できるようにしましょう。

TALについては対策がなかなか難しいですが、性格診断ということでWEBテスティングサービスの回答とブレが出ないよう「つくらず」誠実に答える方がいいでしょう。

[ad#b]

 

NTTデータのインターンシップの参加時の服装

「NTTデータ」のインターンシップでは、スーツを着用するのが無難です。過去の参加者をみるとスーツの着用がほぼ全員ですので、社会人としてのマナーという観点からもスーツがベストです。

NTTデータのインターンシップの内容、感想

「NTTデータ」のインターンシップは、システムインテグレーター業界では最大手ということで、十分に満足できるハイレベルで充実した内容として参加者からは高評価を得ています。プログラムの内容は、ワークショップ型と就業体験を伴ったプロジェクト型の2つが選べることもポイントです。

参加者は有力大学の学生を中心に、真面目で高い意識をもった優秀な学生が多いので、参加により将来への大きな糧やこれからの就職活動への好材料となることでしょう。社員との交流もあるので、同社の現場や企業風土を深く理解できる内容となっています。

NTTデータのインターンシップは内定に有利になる?

「NTTデータ」のインターンシップでは、このインターンが採用選考活動に関与することはないと明言しています。ただし、内定とまではいかずとも、このインターンを通して実際の業務や仕事内容を体感でき、社員との交流を通して「NTTデータ」で働きたいという理由に至る大きな材料となることは間違いありません。

よって、「NTTデータ」を志望する学生はこのインターンを内定の大きなチャンスと捉えて積極的に参加することをおススメします。