マーケッティング

【SPI対策】おすすめの本、問題集、アプリ、講座、塾とは?

 今回の記事では、SPI対策におすすめの本、問題集や、アプリやサイト、講座、セミナーを紹介した後に、いつからSPI対策を始めればよいのかについても、記載していきたいと思います。

無料で利用できるサービスもあるため、是非参考にしていただければと思います。

 

SPI対策におすすめの本、問題集

SPIクリア問題集 

問題の数は少ないが、分かりやすい解説と、その分野での解き方を教えてくれる。好きな時間で対策を練りたいならこの1冊です。

しかし、年によって問題の形式なども多少のズレが生じてくるため、できれば多くの問題にも触れておきたいが、時間がなく、とりあえず対策を練りたいという方でしたら、間違いはないでしょう。SPIの参考書を買ったという就活生の半数はこの参考書を選んでいると言っても過言ではないかもしれません。

 

SPI&テストセンター超実戦問題集

数多くの問題を取り揃えており、テストセンターとペーパーテストを同時に対策をすることができる。また、「性格検査」や「面接」の対策までできるので1冊ですべての対策が取れます。

問題についても、かなり分かりやすい解説つきで、模擬テストには、時間配分の目安から、頻出問題まで、事細かにあります。

こちらも上記と同じように、多くの問題に触れることが大事だと感じるので、まずはこの1冊。余裕があれば違う問題集も買い、対策を練るのが良いと考えます。

この本には、本番同等レベルの問題が多く組み込まれているために、3回くらい繰り返しとくのが良いでしょう。この本は、私自身も友人にオススメをされ、譲ってもらった1冊です。

 

1日30分30日完全突破!SPI最強問題集

問題と解説それぞれが1セットで組み込まれており、ポイントごとに抑えられるため、量より質という感じです。この参考書も空いた時間で、解き方を身につけることもでき、実際のテストと同じレベルの問題から基礎の問題までしっかり組み込まれています。

 

SPI3「構造的把握力検査」攻略ハンドブック

近年のテストセンターなどには構造把握の問題も出題され、苦手意識を持っている人も多くいます。なので、この分野の対策はしっかりとした方が良いでしょう。

[ad#a]

 

SPI対策におすすめのアプリ、サイト

ポケット就活講座SPI

言語・非言語の分野を幅広くカバーしている、スマホアプリの就活講座。自分の間違えた問題なども瞬時にチェックでき、電車の中や、空いた時間にできるのでオススメです。

しかし、スマホアプリのため、あまり対策を練っているという実感が湧かないかもしれないです。自信を持って対策し、本番に臨みたい人は、プラスアルファくらいの気持ちで利用しておくのが良いと言えます。

 

WEBテスト.JP

SPIやWEBテストの対策ができるWEB上のサイトです。無料で玉手箱など、様々なジャンルのテスト対策ができます。

様々なジャンルが無料で対策できるのでオススメなのですが、一度試してみる価値はあります。

 

SPI対策におすすめの講座、塾

東京しごとセンターヤングコーナースペシャルサイト

飯田橋と水道橋の間にある、就活関連の講座が受けられるところです。自分の対策を取りたい講座を選び、申し込みます。

定員に限りがあるため、満員の場合は違う日に同じ講座があるかを調べ、申し込みます。これは都が設置した施設で、全てのサービスが無料で受けられます。

一人一人に専任のアドバイザーがつくので、面接対策をしたり、自分にあった企業選びのアドバイスもくれます。サイトを訪問すればわかるのですが、かなりの実績もあるので、安心して講座を受けることができます。

[ad#b]

 

SPI攻略セミナー

基本の対策セミナーから標準編と合計12コマあるセミナーです。すべて受講すれば間違い無いのですが、標準編のみや基礎編のみなどもできます。「これだけ押さえるSPIでるとこだけ問題集」を執筆した方が講師としていますので、かなり濃いセミナーが受けられると思います。

渋谷駅近くにあるためにアクセスもよく、分かりやすい解説と解き方のコツを教えてもらえます。市販の参考書には載っていない技を教えていただけるのでオススメです。

 

SPI対策はいつからすれば良いのか?

SPI対策は就活時期にもよるとは思いますが、ナビの情報解禁と合わせて行うか、本エントリーをする段階で対策を始めていけば十分間に合うと思います。

もちろん、しっかりと勉強をしてから臨みたいという方でしたら、早ければ早いほど悪いことはないです。自分の納得の行くタイミングで始め、自分の納得の行くまで対策を練ることが重要です。