転職する時期でもっともベストなのは?転職スケジュールの決め方

twitter
はてな
facebook

転職をして職場を変えるというのは、あなたにとってとても大きな決断です。

よほどの勇気がなければとてもできないことですし、これから確実に成功できるという保証は残念ながらありません。

これから転職をしたいけれど、初めて転職をする場合には一体何から始めたらいいのか分からない…と悩んでしまう人は意外と多いのです。

転職を決断したからには、必ず成功させたいと思われることでしょう。そのためには転職をする流れをしっかりと把握し、さらに細かいスケジュールを立てておくべきなのです。

転職のスケジュールをあらかじめ決めておいたほうがいい理由とは

どうして、転職のスケジュールを立てておかなければならないのでしょうか。これをしておくのと、しておかないのとで違いはあるのでしょうか。

転職をするのには、ただ単に今働いている職場から退職をして次の職場を探す…ということだけではありません。

転職をするためには数多くの書類が必要となりますし、それを提出する期間にも細かく規定があります。

せっかく新しく希望している企業から内定をもらえたとしても、それまでに必要な書類を準備することができていない場合にはどうなるでしょうか。

定められた期間に提出できなければ内定が取り消されてしまうのです。「ちょっと待っててください」なんて、社会では通用しないのです。

だから、そうならないために転職のスケジュールはしっかりと立てておくことが必要だと言えるでしょう。

さらにスケジュールを自分で立てることで転職の大まかな流れを理解しておくことができ、「自分はこれから転職をするんだ!」という決意を新たにすることもできますね。

転職にかける期間は、3ヶ月から半年の間が最適だと言える

基本的に、大学時代の就職活動などと比べると転職をする時の就職期間は大幅に短くなります。

大学時代なら一年以上かかるのに対して、転職をする場合には半年から六ヶ月程度の期間になるんですよ。これにはもっともな理由があります。

  • 仕事をする上でブランクが空いてしまわないために
  • あまり間が空きすぎると、仕事の感覚が鈍ってしまうから

やはり離職期間が長ければ長いほど、企業からのイメージが悪くなってしまうため内定がもらいにくくなってしまいます。

さらに仕事の感覚が開けば開くほど、どうしても仕事のスキルも落ちやすくなるでしょう。

このような理由で、就職活動の時よりもはるかに短い期間で転職を成功させる必要があるんですね。

短い期間だからこそ、その内容を具体的に考えてしっかりと実現させなければなりません。これは転職を成功させるためには欠かせないのです。

▼関連記事
転職活動の期間は3ヶ月~半年を目安に!スケジュールと準備するもの

転職をするのに最適な時期があるのか

転職にかかる期間は3ヶ月から半年程度であることが分かりましたが、実際にいつ転職をする時期はどのあたりにすればいいのか?ということについて考えてみましょう。

転職をするのは、今の職場に入社してからどのくらいの時期にするのが一番最適なのでしょうか。

「別に転職をする時期なんて、思い立った時でいいのではないか」と考える人もいるかもしれません。

しかし、転職する時期というのを間違えると次の企業から内定がもらいにくくなることもあるので、注意が必要なのです。

まず、転職をする時期は次に目指している企業の種類にも関係していることを覚えておいてください。

基本的に「3年は働いてから転職するべき」という考えが一般的にありますが、これは次の企業が同業だった場合に言えることなのです。

次に考えているのが自分にとって未経験の職種である場合には、今の仕事のやり方が身に付いてしまう期間である3年が経過しないうちに転職したほうが良いと言えるでしょう。

他にも同業であっても、変化していく業界である場合は3年待たずに転職した方がいい場合もあるのです。

転職の時期はまさにケースバイケースだと言えます。自分が今働いている職種と、次に考えている職種の掛け合わせによって答えも変化するのだということを覚えておきましょう。

▼関連記事
転職は入社何年目がベスト?未経験職種なら早い方がいい!

転職は何月にするのが一番いいのか

一年を通して見てみると、何月に転職をするのが一番有利なのでしょうか。やはりどなるべくなら転職しやすく条件も良い時期を選びたいものですよね。

一般的に求人が増えてくるのは、年間で二回あります。それは7月から10月にかけてと、1月から3月にかけてです。

その中でも一年で一番多い求人が出るのが10月、その次が2月になるのです。この時期に求人の数が圧倒的に増えてくるのは、年度の節目の時期に体制を整えておきたい、と企業側が考えるからです。

次に、転職をする人が増える時期について考えてみましょう。転職者が増えてくるのは、1月・4月・10月になります。これはどうしてなのでしょうか。

この時期の退職者が、みんなどのようなことを考えやすくなるか…ということを思い浮かべてみましょう。

  • ボーナスをもらってから転職をしようと考えるから
  • まかされている事業がちょうど終わるから
  • 年明けからキリよく転職したいから

などの理由が考えられます。やはり、転職をするなら節目となるお正月が明けてからにしたり、仕事がちょうど終わったタイミングでしたいと考えるのは当然のことですよね。

しかし、転職者が増えるということは、つまりはライバルが増えるということですからこの時期は避けておかなければならないでしょう。

これらのことを考慮すると、一年で一番転職がしやすくなるのは4月と5月だということが分かるんですよ。

この時期なら企業側も本気で求人をしている時期ですし、転職者は忙しい時期であるから穴場になるんです。

具体的にスケジュールを立てておこう

それでは、ここから実際に転職のための準備段階に入っていきましょう。具体的なスケジュールはこちらです。

  1. 転職をする準備をする
  2. 転職をするのに必要な書類を準備する
  3. 希望の会社の求人に応募をする
  4. 面接や筆記試験を受ける
  5. 内定がもらえたら現在の職場を退職する

このようにしっかりと細かいスケジュールを立てておくことが大事なのです。準備する順番を間違えると、次の工程に支障が出てしまうことも大いにあるので注意しましょう。

準備をするのに必ず必要となる期間が決まっている物もあるので、早めにしておくといいですね。ポイントは余裕をもって準備のために動く、ということです。

転職に至るまでの全体の流れを把握しておこう

転職をよりスムーズなものにするために、上の項目でご紹介した転職に至るまでの流れをさらに細かく~そして詳しく分けて考えることができます。

こうすることで、さらに自分がするべきことが分かりやすくなるでしょう。

転職までの流れを大まかに分けていくと、3つの段階に分けることができるんです。

1.転職の準備期間…1ヶ月から2ヶ月程度

この期間では、実際に転職活動を始めるためにできることを行います。

  • 転職期間で必要になるお金を貯めておく
  • 自分がどうして転職をしたいのかをはっきりさせておく
  • これから必要となる資格を取得する
  • 自己分析をしっかりする
  • 希望している就職先についてリサーチしておく

これから忙しくなるとできなくなることを想定して、この段階で気持ちを引き締めたり確認したりするんですね。

これらは普段なかなかできないことですが、この機会にしっかりと行っておくとこれからの人生のためにも役立ってくれるでしょう。

2.書類を作成したり実際に面接をする…1ヶ月から2ヶ月程度

転職をすることになると、必ず必要となるのはやはり書類関係ですよね。それらを準備する期間は必ず必要です。

  • 転職に必要な応募書類を作成する
  • 希望している就職先へ応募する
  • 実際に面接を受ける

ここでは、面接の時に必要になる書類を作成していきます。ここで、職場で働きながら書類作成をするのなら、どうしても職場で休みをもらわなくてはならないですよね。

その場合にはさらなる調整が必要になるでしょう。職場を退職してから転職活動をするなら、上の項目でも触れたようにどうしても金銭的にキツくなってしまうので注意してください。

3.退職・入社のための準備…1ヶ月半から2ヶ月程度

ここからは、実際に新しい企業から内定をもらった後に今の職場を退職するまでにできることをご紹介します。

  • 内定をもらった会社の条件などを最終チェックしておく
  • 内定を受けて、さらに入社日を決めておく
  • 会社に退職する旨を伝え、退職日を決定する
  • 会社での引き継ぎをしっかりと行う
  • 退職願いと必要書類を提出する
  • 会社や外回りの人にしっかりと挨拶をして回る

希望している就職先から内定をもらってからは、かなり忙しい日々が訪れることに
なることが分かりますね。

今働いている会社の迷惑にならないために、しっかりと引き継ぎをしたり、挨拶をして回ったりすることでこちらから働きかけておくことが重要です。

転職に必ず必要になる書類や、履歴書の作成・面接についてのチェックポイント

転職をする時には、必ず必要になる書類を準備しておかなければなりません。その後にも履歴書の作成や面接というというステップがありますよね。

これらについて覚えておくと有利になるポイントをご紹介していきます。

必ず必要になる書類は早めに準備しておこう

転職をする上で、必ず提出する必要がある書類はたくさんあります。

  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 給与を振り込み先の届書
  • 雇用保険被保険者証
  • 健康保険扶養者異動届
  • 扶養控除等の申告書

このように、提出しないといけない書類はたくさんあるんです。

これまで全部会社がしてくれていたような細かい手続きを、今回は全部自分でやらないといけなくなるわけです。普段は見慣れていないものばかりですよね。

すべて提出期限が定められているものなので、内定をもらってから慌てることのないように余裕をもって準備しておくことをオススメします。

面接を左右するほどの力がある、履歴書を作成する時に気を付けたいこと

ここで履歴書について気を付けておきたいことがあります。それは志望動機を書くときに、例文に頼りすぎないということです。

ネットなどで調べると志望動機の例文はたくさん出てきますよね。

それらの例文を見て書くと、どうしてもそちらに意識がいってしまうため似たような文章になってしまいます。

人事の人は毎日たくさんの履歴書を目にしているですから、そういった書類は一目瞭然で分かってしまうことでしょう。

どうしても「面白くない、ありきたりの志望動機」としてひとくくりにされてしまうんです。やはり人と似たり寄ったりの内容であれば、人の心に残るものにはなれないですよね。

履歴書の志望動機は、なるべく自分の言葉を使って気持ちを込めて書くようにしましょう。

さらに、履歴書を作成する時におさえておくべきポイントがあります。

  • 履歴書は手書きで丁寧に書くのが基本だが、企業によっても違う
  • 記入に使うのは黒ペンかボールペンのみ
  • 間違えたら書き直し・修正液は使わない
  • 略字も使わない(会社名も正式名称で記入する)
  • いきなり書かず、要点をしっかりまとめてから書き始める
  • すべての項目に記入する・空欄を残さない
  • 学歴は最終のものから1つ前まで記入する
  • 資格はすべて書かず、企業によって絞るべき
  • 応募する企業によって、志望内容なども変えていく
  • 自己PRは自分の性格だけでなく企業にからめた内容ももりこむ
  • 完成したあとにも、しっかり見直しをする

履歴書を面接官が見るだけで、その人が仕事ができるか・文章能力や考えをまとめる力があるかなどを判断する材料になります。

面接をする前に、しっかりと自分の良いイメージをアピールすることができるように、履歴書の作成に力を入れて仕上げるようにしましょう。

面接を成功させるためのポイント

さて、履歴書を送ったらいよいよ本番の面接が待っています。ここでしっかりと気を引き締めて挑むことで、後悔しないように自分の力を出しきりましょう。

  • 面接の時間や場所をしっかりとチェックする(担当の人の名前も覚えておく)
  • 面接の時に必要な応募書類・持ち物をチェック
  • 面接の時の服装や髪型、マナーにもしっかり気を付ける
  • 質問される内容の答えを復習しておく(予想外の質問をされてもパニックにならない)
  • 面接を受ける企業や、業界の知識を頭に入れておく
  • 逆質問をあらかじめいくつか考えておく

面接を成功させるためのポイントはたくさんあります。覚えきれないかもしれませんが、要はしっかりと余裕をもって事前に準備しておくのが重要だということでしょう。

面接をする時にはどうしても緊張してしまうものです。そこでさらに想定外の質問をされたりするとパニックに鳴ってしまうこともあるでしょう。

しかし、そこはなんとか平然を装うのです。どんな時にも落ち着いて返しができるように、事前に練習をしておくのもいいですね。

実際に転職をするときの手順と覚悟を再確認しておく

さて、これまでたくさん転職をするための準備をして来ましたが、最後にしておきたいことがあるんです。

退職をする直前にしておきたいこと

退職に向けて走り出したら、もう引き返すことはできません。退職をする前にしっかりと自分自身の考えや気持ちをまとめておくことはとても重要です。

退職を会社に告げれば引き止められる可能性も出てきますよね。そんな時に自分の考えがちゃんとまとまっていないと、会社の押しに負けてしまうこともあるんです。

一度会社に退職の意向を告げたなら、それを貫きとおすことができるようにしましょう。「無事に今の職場から退職をして、転職を成功させるんだ!」という強い意思を再確認するのです。

会社に退職を切り出してからの手順

さて、しっかりと覚悟ができたらいよいよ会社に退職の意思を伝えるところから始まります。ここからの手順を再度確認しておきましょう。

  • 直属の上司に退職の意向を切り出す(前向きな理由も添えて)
  • 退職届を提出する
  • 会社と話し合って退社する日を決定する
  • 公的な手続きを行う(提出する期限をしっかりと確認しておく)
  • 責任をもって仕事の引き継ぎを行う
  • 後任者の顔合わせのため、取引先を一緒に回る
  • 退職の当日は清算と手続きを忘れずに行う
  • 自分のデスクとロッカーを綺麗にする
  • 最後の挨拶を社内と社外でして終了

まずは、直属の上司に退職を切り出すところから始まります。

会社の負担をなるべく減らすことができるよう、ギリギリになって言うことがないようにしましょう。

この時の理由としては、ネガティブではなくなるべく前向きな理由(自分の能力を試したくなった…など)を準備するようにしてください。

さらに、自分がやっていた仕事を全て部下に引き継ぎをする場合には、分かりやすくまとめてあげるように心掛けましょう。

特に取引先のリストやトラブルになってしまった実際の事例などもあると分かりやすいですね。

そこから退職をする当日になると、書類手続きや清算をしてもらったりするので時間が必要になり、かなりバタバタします。

それを踏まえて退職日は、なるべく早めに出勤するようにしましょう。

さらに一番最後に会社や会社の外回りの方に挨拶をするときには「もう会わないんだから適当でいいや」という気持ちを持たないようにしてください。

次に転職してからも、また違う形で関わっていくかもしれませんし、これまでお世話になった方への礼儀は必要です。

必ず後からあいさつ状などを送るようにしておくと安心ですね。

しっかりと転職までのスケジュールを決めておくことが大事

転職を初めてする場合には、一体何から始めたらいいのか分からないかもしれませんが、ちゃんと準備をしておけばそれだけ結果がついてくるものです。

細かく転職をするためのスケジュールを立てておくことで、余裕をもって進めていくことができるでしょう。

今いる会社への負担をなるべく減らすためにも、タイミングをよく考えて切り出すことなども重要です。

転職をする時期自体もいつまでもかけられるわけではありませんので、テンポ良く物事を進めていくことも求められるんです。

まずはしっかりと自己分析をすることで、転職への決意をすることからはじめていくようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月20日 00:09 求人更新
twitter
はてな
facebook

転職活動の時期・スケジュールを決めるCATEGORY

スタート

今回の記事では、2019年卒の就活開始時期、始め方、新卒大学生の就職活動の流れ(説明会・OB訪問・自己PR・面接対策など)について解説しています。既卒、フリ…

MORE>
ビジネス

今回の記事では、36歳の転職を成功させるためのポイントについて、男性、女性、未経験というそれぞれの立場から紹介します。また36歳の転職では、資格よりもスキル…

MORE>
スーツ

今回の記事では、34歳での正社員への転職活動が難しい、決まらないと感じる人の特徴や、男女別、未経験職種、公務員などの面から、34歳での転職成功のポイントを記…

MORE>

今回の記事では、30代で仕事を辞めたいときの男女別の注意点や、30代後半で仕事・会社を辞めたいときの注意点を紹介していきたいと思います。 30代男性が…

MORE>
成功

今回の記事では、30歳の転職が厳しい理由、転職回数が多い30歳が成功させるためのポイントや、おすすめの資格、男性、女性の転職成功体験談について記載していきた…

MORE>
海外

今回の記事では、第二新卒で外資系企業への転職を成功させるためのポイントについて記載していきます。 外資系コンサルティングファーム、外資系金融機関(投資銀行…

MORE>
計画

今回の記事では、35歳からの転職を成功させるポイントについて、同業種、異業種、公務員を目指すそれぞれのパターン別に記載していきたいと思います。 35歳から…

MORE>
ポイント

今回の記事では、30代で無職の人が就職するためのポイントと、就職に向けて取得しておくと良いおすすめの資格について、記載していきたいと思います。 30代…

MORE>

30代での転職で大切な事は新卒若手社員との違いをどこまで出せるかです。若さや賃金の安さといった点では、新卒の方が有利なのは明白ですので、すでに社会経験を十分…

MORE>

今回の記事では、3年以内に会社を辞めることが悪いことであるのかどうかについて、書いていきたいと思います。あくまで、一個人の意見として、参考にしていただけると…

MORE>
123
pagetop