成功

30歳の転職が厳しい理由と、男女別の成功のポイントと体験談

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、30歳の転職が厳しい理由、転職回数が多い30歳が成功させるためのポイントや、おすすめの資格、男性、女性の転職成功体験談について記載していきたいと思います。未経験職種や事務職への転職成功事例も記載していきますので、参考にしていただければと思います。

30歳の転職が厳しいと言われる理由

30歳とは仕事においても一つの区切りとされています。その区切りとは新人からの卒業とも言え、一般的に20代前半に社会人となり業務をこなしていき、30代で20代の時に培った経験やスキルを発揮し、また新たに仕事をしていくことになります。

 

経験が活かせない職種への転職の場合、年収が下がることが多い

しかし、30歳になった時に転職を考える場合、厳しいと言われている理由の最大の原因が「年収」による悩みです。

多くの転職希望者の優先順位では収入は前職と同額レベルを希望しています。

転職を考え、新たな就職先を探す時多くの方が給与欄を熱心にチェックされていますが、その時点で転職の厳しさや壁を自ら作っているようなものです。

何らかのスペシャリストの場合であれば、30歳以降に転職をしても収入は落ちず、むしろ上昇していく方もいます。しかし20代の経験を活かせない職種の場合、収入は下がることがほとんどです。

 

女性の場合、家庭の事情で転職が難しい

また、独身の女性の場合も30歳という結婚適齢期でもある場合、転職希望先の人事担当者にも頭の中で結婚退職や育児休暇の可能性を考えられてしまい転職が厳しいというのも現状です。

しかし、30歳の転職が厳しいとも言われてる現状ですが、やりがいと収入を切り分けて考えると、円満な転職を実現された方々も多いのも事実です。

転職先はベンチャー企業でまだまだ不安定だが、前職よりも楽しいと感じればそれも成功です。

完全週休2日制で小さな会社で給与が大幅に下がっても転職先の方が良いと思えれば、それも成功のケースとなります。

会社側が望む厳しい条件もありますが、自分自身の要望を少し広げるだけでも転職の厳しさは格段に緩和されます。

[ad#a]

 

30歳での転職回数が多い人が採用されるポイント

30歳で転職回数も多い人が採用されている人がいます。例えば営業経験者は転職回数が多くても採用される場合があります。

これには条件もあります。それは転職先でも「営業」であることが前提です。マーケット知識や商品の知識。営業のノウハウなどを持っていれば、転職先の営業でも即戦力になります。

他にもSE(システムエンジニア)が転職をする場合、転職回数が多くても採用される場合は転職先もシステムエンジニア職という場合がポイントになります。

つまり、転職をしても採用される場合は業界に違いはあっても同じ職種であれば、転職回数があっても採用されるポイントとなります。

 

30歳で転職を考える人におすすめの資格

普通自動車免許

意外に驚く方も多いかもしれませんが、普通自動車免許は勤務地や職種によっては絶対必須の資格でもあります。

仕事は都市部だけではありません。転職先が地方勤務になる場合もあります。その際は営業や出勤など自動車を運転できないと仕事が何もできなくなることもあります。

普通自動車免許は実は転職においても強い力を持つ資格です。

 

薬剤師資格

病院や薬局などで薬の管理をする薬剤師。この薬剤師資格も転職においてはオススメします。しかし薬剤師は不足をしているわけでもなく、今でも多くの学生が薬剤師を目指している状態です。

その為、都市部には薬剤師を必要とする場所もありますが、未経験者が転職の場合で応募しても採用は難しいかもしれません。 

しかしここでオススメしている理由は地方での薬剤師の仕事をオススメします。地方は過疎や若者流出などにより、慢性的な薬剤師不足に陥っている場所もあります。

取得に6年間かかるため、非常に大きな決断が必要ですが、薬剤師は不況にも強い職種であり、大きくキャリアチェンジを考えている方には、おすすめできます。

 

宅地建物取引士

不動産業界で働く際のパスポートのような資格です。不動産取引の重要事項説明や重要事項説明書への記名押印。契約書への記名押印を独占業務として行える資格です。不動産関係業界に転職の場合は取得しておくと何かと便利でしょう。

[ad#b]

 

30歳の男性が転職を成功させた体験談

前職

職種:自動車販売セールス

年収:380万円

転職先

職種:損害保険代理店

年収:350万円

コメント 

自動車販売はノルマも多く、精神的にも大変なことも多く転職を決意しました。

転職をした場合営業ではなく、事務職を希望したのですが、募集は少なくどの会社も営業が前提でした。

このままだと失業保険も切れてしまうので自動車営業に取得した損害保険募集資格を活かした仕事を決意しました。

転職先は大きな会社でないので収入は下がりましたが、最低限の福利厚生と残業も前職より少ないので良い転職であったと思います。

 

30歳の女性が未経験職種に転職を成功させた体験談

前職

職種:一般事務職

年収:300万円

転職先

職種:病院勤務 医療福祉相談業務

年収:330万円

コメント

中小企業の事務職として勤務していましたが、近年問題となっている介護や高齢、子育て問題に興味があり、在職中に社会福祉士の資格を取得し、転職先は病院の介護支援室への採用が決まりました。

当初は未経験ということもあり、面接時にも難色を示されていました。しかし自分のやる気と、自分が患者さんにとってどの様なアドバイザーになりたいかという、アピールを忘れないよう気をつけ、幸いにも結果採用となり転職に成功しました。

今後は、前職と違い体力も必要ですが、精一杯貢献していきたいと思います。

 

30歳の女性が未経験で事務職に転職を成功させた体験談

前職

職種:アパレル販売店勤務

年収:290万円

 

転職先

職種:食品会社事務職

年収:300万円

 

コメント

前職では主にアパレル販売員として仕事をしていましたが体力的にもきつく、30歳という年齢も考え事務職への転職を考えました。

前職は正社員でしたので、転職先も正社員を考えていましたが、30歳の年齢と未経験もあり、契約社員でも採用がほとんどでした。

しかし正社員登用もある会社でしたのでエントリーをしました。面接時には女性の面接官だったので結婚などのことも考えを訊かれましたが、

今は仕事を優先したいこと、そして働くことの意思を強く発言し、無事に採用となりました。

前職では曖昧な部分もあった残業代もしっかりと出て、繁忙期で無ければ定時退社もでき個人的には満足いく転職になりました。あとはしっかりと業務をこなし、無事に正社員へ登用されることを祈ります。

 

まとめ

今回の記事では、30歳が転職を成功させるためのポイントや体験談などを記載してきました。

30歳の転職は、専門スキルや知識がある人以外は、決して簡単ではありません。年収や家庭の問題も出てくる時期であるため、なかなか一人で進めるのは難しいと言えます。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月19日 22:18 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop