下請け企業のSEから大手SIerに転職。3つの転職成功の鍵

0 コメント
twitter
はてな
facebook

SEとして下請け企業で働く方が転職をする際に、転職先の選択肢の一つとして大手SIer企業へというのも持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

SEとSIerの役割違いも見方によってはいろいろあるかもしれません。そういうところもしっかりと把握させないまま転職活動をすることで失敗をしてしまっては元も子もありません。

せっかく、自分が進みたい道を見つけてやるぞという気持ちになっているのであれば、この転職を成功させたいというのは誰もが考えることではないでしょうか。

ここでは、SEとしての大きな経験を生かして大手SIer企業へステップアップしたい希望を叶えるためにはどうすればいいのか、必要なことはあるのかなど転職成功のための秘策などをご紹介します。

下請け企業のSEとSIer企業の仕事の違い

おそらくご存知ではあるとは思いますが、念のため SEとSIerとはそもそもどんなものかその違いとは何かについておさらいをしておきましょう。

SEとは?

SEとは、システムエンジニアの略で仕事の内容としては、顧客からの要求をもとに仕様を決定させて大まかな設計をするまでの情報システム開発における上流工程を担当することです。

また、その際における予算や人員、進捗状況の管理などのマネジメント業務を行うこともありますが、あくまでも一例で、企業や開発チーム単位によっては SEのしごとないようがことなってくることもあります。

色々細かく書くと難しいかもしれませんが、要するに SEは、顧客が望んでいるシステムを形にするのが大きな仕事と考えればいいでしょう。

実際に SEが担当する上流工程というのは、以下の4つが該当します。

要件分析・要件定義
顧客にヒアリングし、どんなシステムを望んでいるのかを明確にします。その要望の中で答えることが容易ではないこともありますので、そのシステム開発に必要な期間や費用を算出し、顧客の求めるものをどうやって実現させるかを決めます。
基本設計
顧客ニーズを実現するシステムの設計を行っていく工程をさします。要求分析や要件定義データをもとにして、システムにどんな機能を持たせるか表示方法や操作方法はどのような形で行うのかなどの仕様を決めます。
詳細設計
基本設計の段階で決めた実装予定の機能に対して、どんな仕組みや技術で実現するのかを設計していく段階です。プログラマーがプログラミングするために必要な詳細な設計をしていきます。
テスト
出来上がったプログラミングでシステムが形になったのちにシステムがきちんと設計どおりの動作をするかをテストすることも SEが担当していくのです。

システム構築をするだけのイメージを持っていたかもしれませんが、実は色々と多岐にわたって業務があります。

しかし、 SEの業務はこのようなことをしていくのですが、それが大手のSIerの社員がやることと、下請け企業の SEがやることは異なってくることがほとんどです。これについては後ほど触れます。

SIerとは

SIerは「エスアイアー」や「エスアイヤー」と読み、システムインテグレーターの略語です。時に、 SIerは SI企業と表現する場合もありますが意味としては同じです。

しかし、「エスアイアー」というこの読み方については、和製英語であるため、外国人の方には通じませんし、二品だけの特有表現ということになります。

システムインテグレーターを日本語で表現すると、「システムを統合する人」という意味になります。よって、 SIerは、システム構築から導入までの全てを請け負う事業者を指すということになります。

よって、SIerの仕事というのは、顧客である企業が求めているシステムを導入して、企業内の運用に載せるのが大きな仕事ということになります。

システム導入と一言で言うのは簡単なのですが、実際には相当量の作業があります。

  • 業務内容の分析
  • 改善案の提案などのコンサルティング
  • システムの設計
  • プログラム開発
  • ハードウェアの選定・調達・設置
  • OSやデータベースなどのソフトウェアであるミドルウェアの選定・調達・設置
  • システムの導入サポート(計画作成、マニュアル作成、現場のサポート)
  • 導入したシステムの管理やトラブル対応、QA対応

下請け企業の SEは大手のSIerから仕事をもらって技術提供をしていると言うことになります。ですから、直接そのSIerから SEとして仕事をしていくか、下請け企業の SEとして仕事をしていくのかの違いです。

しかし、全ての工程をSIer1社で行うこともあれば、上記のように一部の工程については下請け企業に依頼するという場合もあります。

ですから、下請け企業の SEというのはSIerの実働部隊ということになると考えるのが自然ではないでしょうか。

そして、SIerは、顧客となりうる企業などから受注をしてシステム構築までにおける様々なコンサルティング業務を行っていくというような位置づけになると考えればいいのかと考えます。

SI業界の問題点

下請け企業から大手のSIerに転職をしたという方にはそれぞれの理由というのが当然あります。その理由の根本にあると考えられる問題点をまず触れていくことにします。

憧れの職業からIT土方へ

SEと聞くと、カッコイイ仕事で、憧れられる職業と言われていました。大学の工学部の中でも情報関係の学科だと偏差値も異常に高くなって難しいと言われ、専門学校もたくさん出てきて注目されていました。

しかし、近年は決してそのように見られることも少なくなってきました。

特に下請け企業の SEに関して言えば、一時は「日本経済を立ち直させるのは SEだ!」と決してお世辞ではなく、花形職業とも言われていた時もありました。

ところが、今や特に下請け企業の SEは「IT土方」と言われるようになってしまいました。

その理由も「仕事がきつい」、「残業が多すぎて帰りが毎日遅い」、「単調作業やテストの繰り返し」というようにまるでブラック企業の代表格のような扱いに変わってきてしまいました。

こんな職場環境ではすぐに辞めてしまう人も続出しているというのが今の下請け企業 SEの現実と言われています。

▼関連記事
SEはブラック?残業時間の実態

多重下請け構造による労働環境の劣悪化

もう一つ大きな問題として、下請け制度自体が決して悪くはないのですが、その下請け構造に問題がある場合はどうしようもありません。

建設業界でよく言われるような大手のゼネコンからその下に中小のゼネコンが入って、そこからまた市の下請けや孫請けというように多重構造が建設業では当たり前のように出来上がっています。

SI業界でも同じことが起こっていて、いわゆる多重下請け構造が出来上がってしまっているのです。

当然、下請けのまた下請けと段々と進んでいっていけば、少ないお金でここまでするかというようなことをさせられます。そうなれば、下層になれば当然仕事の質は悪くなるのはいうまでもありません。

それは、当然依頼をする側のSIerの主たる仕事内容は、システム構築や用検定後や基本設計の上流工程が中心になってきます。

一方で、下請け企業の場合、単調と言われがちなプログラミングテストがひたすら繰り返されるのが仕事の大半を占めています。

時間はかなり取られるけど、あまりキャリアアップには繋がらない仕事をひたすらやるだけという業務になってしまいます。

そのため、下請け企業の SEの場合、仕事量の割には長い期間働いていてもそこまでスキルアップしないことが多いため、転職したいという気持ちにもなるのはいわば当然のことかもしれません。

同じ SEを名乗るのであれば、よりレベルの高いことをしたいというのが人間の性とも言えることです。向上心があれば、こうなれば転職したいとなるのが普通ともいえます。

大手SIerに転職して成功するためにはどうするのが良いか

単調な仕事ばかりで、残業も多く、過酷とも言える劣悪な労働環境の中、頑張って働いてはきたけれど、さすがに普通に SEの仕事がしたいという気持ちで転職を決意する人が多いです。

やはり、毎日21時、22時まで仕事で早く帰ることができない、土日も関係なく休みもまともに取れないという典型的ブラック企業のような環境には耐えられないでしょう。

でもその割には、そんなにキャリアアップにつながるようなことをしているわけでもないわけで、このままで人生を送っていくのが果たして正しいのかという思いを持つようになってきます。

しかし、大手のSIerに転職できれば、待遇が明らかに改善されます。実際に転職できた人からは、まともに家族で食事することすらできなかった人が週2回はできるようになったそうです。

給与もアップして待遇は大幅に改善されるということが決して不可能なことではないということなのです。

前置きが長くなってしまいましたが、転職を成功させるためのポイントについて進めていきましょう。

プログラムをより正確にかつ早く組むことができるようなスキルを持つ

まずは、プログラマーとして大変優秀であることです。要するに、プログラミングが早く、正確であることです。これは基本中の基本といえます。

SEとしてこの仕組みがわかっていなければ、いくら他のことが優れていても根本が揺らいでしまいます。

弁護士がいくら喋りが立って、どんな人をも論破できるディベート能力があっても、法律が理解できていなければダメだというのと同じことです。

ですから、プログラミング能力が高いのはもう当たり前で、基礎の中の基礎という認識をしましょう。転職するんですから、新卒と異なって即戦力にならなければいけないわけです。

開発工程に関する知識を持つ

プログラミング能力の次に大切なのは、開発工程についての知識が豊富にあるということです。このノウハウを持っているかどうかでかなりさは出ると認識しておくべきでしょう。

プログラミングはできるけど、そのほかはという方は正直ステップアップには難しいのではないかと考えるべきです。やはり、大手に行こうとするなら、幅の広さが必要です。

しかし、下請けにいるとそういった経験値があげられないというのも事実あるとは思いますので、アンテナを常に立てるようにして、感性を高めておく必要はあるのではないでしょうか。

周囲との調整能力を身につける

最後に調整能力を高めるということです。簡単に言えば、コミュケーション能力が必要だということです。

下請けの下層SIerでは、あまりそういった場面はないかもしれませんが、元請けSIerでは自分が率先して手を動かさないといけない時もあるものの、下層SIerに依頼することも増えます。

しかも、決められた期限を守って納品してもらわなければいけません。これをできるようにするには、相手との調整いわゆるコミュニケーションがしっかり取れているかがポイントになります。

また、依頼者側との調整も当然頻繁に行われるわけです。そのためには調整能力が必須になります。当然、そういった力を持っているのかということは面接時に企業側はしっかりとチェックします。

また、実務では毎日のように調整作業が伴います。段取りを常に考える黄瀬とつけるのも必要ですし、一歩二歩先を見ることができるようにもできるとさらに有利になると考えます。

転職に成功したいと思うなら、一人でできることには限界がある!

大手のSIerに転職したいと希望している方は相当多いと思っていて間違いないでしょう。

なぜなら、下層下請けのSIerに業界のイロハをわからず入社したことで、労働環境が劣悪な中で働いている人が多いからです。

みなさんできれば少しでもいい労働環境で働いていい給料を勝ち取りたいと思っているはずです。そうなれば、当然のごとくライバルは多くいるわけで、転職でもかなりの競争率になります。

ここまでの経験の中で、確実にスキルを身につけておくことが必要なのがもちろん、面接における受け答えなどもしっかりと事前に準備しておくことが必要です。

そこで転職希望者のみなさんにとってとても強い味方であり理解者になってもらえるのが転職エージェントの存在です。

エージェントを利用することで、希望企業に対して受けのいい志望動機などを提案してもらえたり、模擬面接などの面接対策もしてくれます。

使えるものは有効活用して確実にいい企業に転職できるようにしていきましょう。

転職エージェントには、「リクルートエージェント」や「doda」などの総合型エージェントと、 SEに特化した特化型エージェント2つに分けることができます。

総合型のエージェントは、多くの企業の案件を持っているメリットがありますので、大手の大企業からの求人案件も多くあります。

一方で、特化型については、IT業界に特化した転職エージェントもあります。業界内で有名なのはレバテックキャリア。ほとんどの方が、大手と併用してレバテックキャリアを利用しています。

業界特化型である分、話もしやすいですし、専門用語がカウンセリングの時でも飛び交うぐらいコンサルタント自身も業界を知り尽くしていますので、大変信頼も置けるということなのです。

せっかく転職をするぞと覚悟を決めたのであれば、失敗しない転職をすべきです。一人でできることは限界があります。それなら、エージェントを有効活用していい転職を目指しましょう。

こちらの記事も参考にどうぞ。
他職にないSEのやりがいや魅力とは
上流工程のSEとして働くには

おそらくご存知ではあるとは思いますが、念のため SEとSIerとはそもそもどんなものかその違いとは何かについておさらいをしておきましょう。

SEとは?

SEとは、システムエンジニアの略で仕事の内容としては、顧客からの要求をもとに仕様を決定させて大まかな設計をするまでの情報システム開発における上流工程を担当することです。

また、その際における予算や人員、進捗状況の管理などのマネジメント業務を行うこともありますが、あくまでも一例で、企業や開発チーム単位によっては SEのしごとないようがことなってくることもあります。

色々細かく書くと難しいかもしれませんが、要するに SEは、顧客が望んでいるシステムを形にするのが大きな仕事と考えればいいでしょう。

実際に SEが担当する上流工程というのは、以下の4つが該当します。

    < li>要件分析・要件定義

    顧客にヒアリングし、どんなシステムを望んでいるのかを明確にします。その要望の中で答えることが容易ではないこともありますので、そのシステム開発に必要な期間や費用を算出し、顧客の求めるものをどうやって実現させるかを決めます。

    < li>基本設計

    顧客ニーズを実現するシステムの設計を行っていく工程をさします。要求分析や要件定義データをもとにして、システムにどんな機能を持たせるか表示方法や操作方法はどのような形で行うのかなどの仕様を決めます。

    < li>詳細設計

    基本設計の段階で決めた実装予定の機能に対して、どんな仕組みや技術で実現するのかを設計していく段階です。プログラマーがプログラミングするために必要な詳細な設計をしていきます。

    < li >テスト

    出来上がったプログラミングでシステムが形になったのちにシステムがきちんと設計どおりの動作をするかをテストすることも SEが担当していくのです。

システム構築をするだけのイメージを持っていたかもしれませんが、実は色々と多岐にわたって業務があります。

しかし、 SEの業務はこのようなことをしていくのですが、それが大手のSIerの社員がやることと、下請け企業の SEがやることは異なってくることがほとんどです。これについては後ほど触れます。

SIerとは

SIerは「エスアイアー」や「エスアイヤー」と読み、システムインテグレーターの略語です。時に、 SIerは SI企業と表現する場合もありますが意味としては同じです。

しかし、「エスアイアー」というこの読み方については、和製英語であるため、外国人の方には通じませんし、二品だけの特有表現ということになります。

システムインテグレーターを日本語で表現すると、「システムを統合する人」という意味になります。よって、 SIerは、システム構築から導入までの全てを請け負う事業者を指すということになります。

よって、SIerの仕事というのは、顧客である企業が求めているシステムを導入して、企業内の運用に載せるのが大きな仕事ということになります。

システム導入と一言で言うのは簡単なのですが、実際には相当量の作業があります。

  • 業務内容の分析
  • 改善案の提案などのコンサルティング
  • システムの設計
  • プログラム開発
  • ハードウェアの選定・調達・設置
  • OSやデータベースなどのソフトウェアであるミドルウェアの選定・調達・設置
  • システムの導入サポート(計画作成、マニュアル作成、現場のサポート)
  • 導入したシステムの管理やトラブル対応、QA対応

下請け企業の SEは大手のSIerから仕事をもらって技術提供をしていると言うことになります。ですから、直接そのSIerから SEとして仕事をしていくか、下請け企業の SEとして仕事をしていくのかの違いです。

しかし、全ての工程をSIer1社で行うこともあれば、上記のように一部の工程については下請け企業に依頼するという場合もあります。

ですから、下請け企業の SEというのはSIerの実働部隊ということになると考えるのが自然ではないでしょうか。

そして、SIerは、顧客となりうる企業などから受注をしてシステム構築までにおける様々なコンサルティング業務を行っていくというような位置づけになると考えればいいのかと考えます。

SI業界の問題点

下請け企業から大手のSIerに転職をしたという方にはそれぞれの理由というのが当然あります。その理由の根本にあると考えられる問題点をまず触れていくことにします。

憧れの職業からIT土方へ

SEと聞くと、カッコイイ仕事で、憧れられる職業と言われていました。大学の工学部の中でも情報関係の学科だと偏差値も異常に高くなって難しいと言われ、専門学校もたくさん出てきて注目されていました。

しかし、近年は決してそのように見られることも少なくなってきました。

特に下請け企業の SEに関して言えば、一時は「日本経済を立ち直させるのは SEだ!」と決してお世辞ではなく、花形職業とも言われていた時もありました。

ところが、今や特に下請け企業の SEは「IT土方」と言われるようになってしまいました。

その理由も「仕事がきつい」、「残業が多すぎて帰りが毎日遅い」、「単調作業やテストの繰り返し」というようにまるでブラック企業の代表格のような扱いに変わってきてしまいました。

こんな職場環境ではすぐに辞めてしまう人も続出しているというのが今の下請け企業 SEの現実と言われています。

多重下請け構造による労働環境の劣悪化

もう一つ大きな問題として、下請け制度自体が決して悪くはないのですが、その下請け構造に問題がある場合はどうしようもありません。

建設業界でよく言われるような大手のゼネコンからその下に中小のゼネコンが入って、そこからまた市の下請けや孫請けというように多重構造が建設業では当たり前のように出来上がっています。

SI業界でも同じことが起こっていて、いわゆる多重下請け構造が出来上がってしまっているのです。

当然、下請けのまた下請けと段々と進んでいっていけば、少ないお金でここまでするかというようなことをさせられます。そうなれば、下層になれば当然仕事の質は悪くなるのはいうまでもありません。

それは、当然依頼をする側のSIerの主たる仕事内容は、システム構築や用検定後や基本設計の上流工程が中心になってきます。

一方で、下請け企業の場合、単調と言われがちなプログラミングテストがひたすら繰り返されるのが仕事の大半を占めています。

時間はかなり取られるけど、あまりキャリアアップには繋がらない仕事をひたすらやるだけという業務になってしまいます。

そのため、下請け企業の SEの場合、仕事量の割には長い期間働いていてもそこまでスキルアップしないことが多いため、転職したいという気持ちにもなるのはいわば当然のことかもしれません。

同じ SEを名乗るのであれば、よりレベルの高いことをしたいというのが人間の性とも言えることです。向上心があれば、こうなれば転職したいとなるのが普通ともいえます。

大手SIerに転職して成功するためにはどうするのが良いか

単調な仕事ばかりで、残業も多く、過酷とも言える劣悪な労働環境の中、頑張って働いてはきたけれど、さすがに普通に SEの仕事がしたいという気持ちで転職を決意する人が多いです。

やはり、毎日21時、22時まで仕事で早く帰ることができない、土日も関係なく休みもまともに取れないという典型的ブラック企業のような環境には耐えられないでしょう。

でもその割には、そんなにキャリアアップにつながるようなことをしているわけでもないわけで、このままで人生を送っていくのが果たして正しいのかという思いを持つようになってきます。

しかし、大手のSIerに転職できれば、待遇が明らかに改善されます。実際に転職できた人からは、まともに家族で食事することすらできなかった人が週2回はできるようになったそうです。

給与もアップして待遇は大幅に改善されるということが決して不可能なことではないということなのです。

前置きが長くなってしまいましたが、転職を成功させるためのポイントについて進めていきましょう。

プログラムをより正確にかつ早く組むことができるようなスキルを持つ

まずは、プログラマーとして大変優秀であることです。要するに、プログラミングが早く、正確であることです。これは基本中の基本といえます。

SEとしてこの仕組みがわかっていなければ、いくら他のことが優れていても根本が揺らいでしまいます。

弁護士がいくら喋りが立って、どんな人をも論破できるディベート能力があっても、法律が理解できていなければダメだというのと同じことです。

ですから、プログラミング能力が高いのはもう当たり前で、基礎の中の基礎という認識をしましょう。転職するんですから、新卒と異なって即戦力にならなければいけないわけです。

開発工程に関する知識がある

プログラミング能力の次に大切なのは、開発工程についての知識が豊富にあるということです。このノウハウを持っているかどうかでかなりさは出ると認識しておくべきでしょう。

プログラミングはできるけど、そのほかはという方は正直ステップアップには難しいのではないかと考えるべきです。やはり、大手に行こうとするなら、幅の広さが必要です。

しかし、下請けにいるとそういった経験値があげられないというのも事実あるとは思いますので、アンテナを常に立てるようにして、感性を高めておく必要はあるのではないでしょうか。

周囲との調整能力を身につける

最後に調整能力を高めるということです。簡単に言えば、コミュケーション能力が必要だということです。

下請けの下層SIerでは、あまりそういった場面はないかもしれませんが、元請けSIerでは自分が率先して手を動かさないといけない時もあるものの、下層SIerに依頼することも増えます。

しかも、決められた期限を守って納品してもらわなければいけません。これをできるようにするには、相手との調整いわゆるコミュニケーションがしっかり取れているかがポイントになります。

また、依頼者側との調整も当然頻繁に行われるわけです。そのためには調整能力が必須になります。当然、そういった力を持っているのかということは面接時に企業側はしっかりとチェックします。

また、実務では毎日のように調整作業が伴います。段取りを常に考える黄瀬とつけるのも必要ですし、一歩二歩先を見ることができるようにもできるとさらに有利になると考えます。

転職に成功したいと思うなら、一人でできることには限界がある!

大手のSIerに転職したいと希望している方は相当多いと思っていて間違いないでしょう。

なぜなら、下層下請けのSIerに業界のイロハをわからず入社したことで、労働環境が劣悪な中で働いている人が多いからです。

みなさんできれば少しでもいい労働環境で働いていい給料を勝ち取りたいと思っているはずです。そうなれば、当然のごとくライバルは多くいるわけで、転職でもかなりの競争率になります。

ここまでの経験の中で、確実にスキルを身につけておくことが必要なのがもちろん、面接における受け答えなどもしっかりと事前に準備しておくことが必要です。

そこで転職希望者のみなさんにとってとても強い味方であり理解者になってもらえるのが転職エージェントの存在です。

エージェントを利用することで、希望企業に対して受けのいい志望動機などを提案してもらえたり、模擬面接などの面接対策もしてくれます。

使えるものは有効活用して確実にいい企業に転職できるようにしていきましょう。

転職エージェントには、リクルートエージェントやDODAなどの総合型エージェントと、 SEに特化した特化型エージェント2つに分けることができます。

総合型のエージェントは、多くの企業の案件を持っているメリットがありますので、大手の大企業からの求人案件も多くあります。

一方で、特化型については、IT業界に特化した転職エージェントもあります。業界内で有名なのは、レバテックキャリアですが、ほとんどの方が、大手と併用してレバテックキャリアを利用しています。

業界特化型である分、話もしやすいですし、専門用語がカウンセリングの時でも飛び交うぐらいコンサルタント自身も業界を知り尽くしていますので、大変信頼も置けるということなのです。

せっかく転職をするぞと覚悟を決めたのであれば、失敗しない転職をすべきです。一人でできることは限界があります。それなら、エージェントを有効活用していい転職を目指しましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月19日 23:34 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop