六本木

【ゴールドマンサックスの年収】高い平均年収や1億円プレーヤーも

今回の記事では、外資系金融機関「ゴールドマンサックス証券」日本支社の平均年収についてご紹介します。世界トップクラスの超一流企業として平均年収や給与の実態、新卒の初任給などを紹介していきますので、是非参考にしていただければと思います。

ゴールドマンサックス証券の平均年収

アメリカ・ニューヨークを本拠地とする世界屈指の金融機関「ゴールドマンサックス」。その日本支社は国内にある外資系金融機関の中でも難関大学生の就職人気では常にトップクラスで、入社への壁も極めて高いとされます。

また、在籍する社員のレベルも群を抜いたハイレベルな人材ばかりです。非常に高い給与や賞与で知られるゴールドマンサックスですが、それとひきかえに相当の激務であることも有名です。

そんなゴールドマンサックスの平均年収は一体、いくらぐらいなのでしょうか?

社員全体の平均年収は?

平均年収:4,560万円

ここ数年での年収推移は、最低クラスが750万円(新卒)~最高クラスが1億円超(最高位)の金額となっています。月の給与で換算すると50~1,000万円(賞与除く)程度になります。

報酬額については社員個人の能力により格差が非常に大きく、平均はあくまで参考程度でしかありません。入社後も、結果次第ではいつ解雇になるかも分からないプレッシャーに押しつぶされながら日々の激務に耐えなければならず、相当のストレス環境であることは間違いありません。

[ad#a]

役職別の年収は?

一般的に外資系金融機関はフロント部門とバック部門に分かれ、いわゆる高報酬で激務なのはフロント部門で、バック部門はそれよりもリスクが低い職域である分報酬もフロント部門よりは下がります。

フロント部門と呼ばれる最前線で働く人は完全な階級により区分されており、

・アナリスト(新卒~3年程度):~2000万前半

・アソシエイト(入社4年~8年程度):2000万前半~4000万

・ヴァイス・プレジデント(入社8年目以降~):3000万~1億円程度

・マネージング・ディレクター(最高位):5000万~10数億円程度

となっています。

ゴールドマンサックス証券の新卒の年収

新卒の年収:600~900万円

新卒採用に関して、日本の企業のように初任給が定められているのではなく、年棒制が採用されています。個人の能力やポテンシャルにより採用時の交渉で金額を決めるのは外資らしいやり方です。給与については個人の成果とマーケットに大きく左右され、会社の業績が悪いともちろん賞与がない、基本給ベースがほとんど上がらないなど、常に市況に左右されるため、まったく一概には言えないのが実情です。

また、採用についてもゴールドマンサックスの場合は中途採用が半数以上を占めるとされ、以前よりは増加傾向ではありますが新卒採用についてはまだまだ門戸が狭いとされています。たとえ無事入社できたとしても、新たな新卒社員の受け入れなどを目的に毎年約5%の社員を解雇するなど、壮絶な「Up or Out(上がるか辞めるか)」の環境であることはよく知られた話です。

[ad#b]

ゴールドマンサックスで年収1億以上稼ぐには?

ひとことで言えば、部署と立場で給与がかなり違います。

まず職種について説明すると、職種の最高位であるマネージング・ディレクターともなると個人差はありますが、1億円以上はゆうに超えるとされます。成果によってはアソシエイト、ヴァイス・プレジデントといった職種でも年収1億円を超える社員もいるなど、あくまでも個人の能力がモノをいう世界といえます。

以下は職域について説明します。

マーケット部門

いわゆるトレーディングやセールスといったマーケット部門は、完全な個人プレーで収益の上限がありませんので、儲かれば儲かるほど会社に莫大な利益をもたらします。よって、儲けた分の何割かが賞与としてそのまま入ることも十分ありえますので、ハイリスク・ハイリターンではありますが人によっては1億円超えも可能な職域です。

投資銀行部門

投資銀行部門はチーム単位のプロジェクトで大型のM&Aや資金調達の案件を獲得すれば、それに応じた賞与が積まれる形になります。所属するチームが例えば数十億円単位の利益を会社にもたらした場合は、そのうちのいくらかが交渉次第でそれぞれのメンバーに還元されることになります。儲かった年度によっては個人で1億円以上の収入を得るチームもあるようです。

株式アナリスト部門

株式アナリストについては、あらゆる株式情報を分析しまとめたレポートによって投資家に有益なデータを提供し、社内のブローカー業務を円滑に進める役割です。緻密で重要な責務を担うポジションですが、それ単体の業務では会社に大きな利益をもたらす部署ではないので給与面では飛びぬけた側が限定的だとされます。

これら以上のことから、ゴールドマンサックスで年収1億円以上を稼ぐのは、あくまでも個人の成果や働く部署、会社の業績などさまざまな条件によりその度合いも随分異なるということを理解するのが必要でしょう。