ビジネス

事務職への転職は難しい?経験者・未経験者別の成功のポイント

今回の記事では、未経験で事務職の正社員への転職が難しいと言われる理由や、未経験者や経験者など背景別に事務職へ転職する際のポイントをご紹介します。

事務職への転職を考えている人は、是非参考にしていただければと思います。

未経験での事務職(正社員)への転職が難しいと言われる理由

事務職(正社員)の募集が少ない

そもそも、男性でも女性でも正社員として事務職(未経験者)を募集している企業は少ないです。

現在事務職で働いている方は新卒からその企業に入社し、配属され先が結果的に事務職として正社員で働いている人も多いです。または未経験で事務職の募集があってもパートや派遣社員・契約社員などの雇用形態をしている場合が多いでしょう。

 

経験が必要な仕事でもある

事務職は企業によって業務内容が全く異なります。

経験者であれば事務の流れも認知しており飲み込みのスピードは速いですが、未経験者の場合は一から指導しなくてはならず非常に時間が掛かります。

また、近年では事務に関するOAスキルや海外対応など事務自体の業務内容のレベルがアップしているため未経験では転職が難しいとも言われています。

 

人気がある仕事

事務職は男性女性問わず人気な仕事です。

人気があるが故に離職率も低く、事務職の席が空かないことも原因です。

営業の様にノルマなどが少ない事や、定時退社があるイメージもいまだ根付いておりIT化などにより事務職自体の数は減っているのに応募する数は変わらない、つまり倍率が高い状態のなかでは未経験の場合は必然的に内定するチャンスは低くなるでしょう。

[ad#a]

 

経験者が事務職(正社員)へ転職を成功させるためのポイント

説得力のある志望動機や自己PRを作成し、面接対策を万全にする

面接時にも初めて気がつくあなたの情報や印象というマイナス面をプラスにするには、人事担当の印象に残る志望動機や自己PRを考える事が非常に大切です。

面接は履歴書に書いてある事を自分の口から説明する場ではなく、履歴書に書ききれないその会社で働きたい思いや理念をアピールする場です。

決してテンプレートのようなPRにならず、しっかりと自分の頭で考えた熱意を伝えましょう。

参考記事

 

これまで身に着けたスキルや経験をアピールする

事務職への転職の強味は、やはり前職の経験や転職に活かせる資格などのスキルをアピールするのもポイントです。

現在、ただパソコンの入力できるだけで事務職への転職は難しいでしょう。

前職での事務職で得た経験を転職希望先でどのように活かせるのか、資格を取得したことによって事務職と財務や総務等兼務できるなど企業先に「メリットがある」と思わせると良いでしょう。

 

事務職の転職に強い転職サイトに登録する

事務職の競争は激しく、そして自分の力だけで募集先を探すのも限りがあります。

自身の経験を転職サイトに登録し、転職サイトの情報力を活用して幅広く転職先を探すことも転職成功への近道です。

また、事前に企業の情報を深く知ることができるなどメリットもあります。

[ad#b]

 

特に未経験者が事務職(正社員)への転職を成功させるポイント

未経験者歓迎(未経験OK)の求人の情報をできるだけ集める

転職サイトやハローワークなどでも結構です。

とにかく事務職にこだわるのであれば、質を重視するのも良いですが量も大事です。

企業の数は想像以上に多く、またその中には必ず未経験者でも可能な事務職があります。

小さな企業の正社員事務職から経験を積み、キャリアアップをしていくのも成功への近道でしょう。

 

事務職以外の職種で入社し、異動希望を出す

未経験者で事務職への転職が困難な場合、その会社で募集している他の職種で応募をし、一度入社してしまう事もひとつの方法でしょう。

そして、その後一定期間その部署での業務を経験したら、人事などへ事務職への異動希望を出すのも方法です。

ただし、面接時で部署の異動が可能なのかしっかりと確かめておきましょう。

 

事務職で活かせる資格を取得する

現在、事務職もパソコンスキルだけでなく、従業員の健康保険や福利厚生などの総務系業務や経理などの財務系業務スキルを必要とする企業も多いです。

企業側からすれば、1分野にそれぞれ従業員を雇用するよりも、兼務できる方が人件費の面だけでも大きなメリットがあります。

それらに直結する資格を取得し、未経験のハンデを資格で埋めるのも有効でしょう。

参考記事:事務職に資格が必要な理由と取得するべき資格【男女別・パソコン】

 

正社員登用がある事務職で入社する

事務所はパートや派遣・契約社員などが多いため、正社員登用のある事が大前提ですが、一度それらの正社員以外の雇用形態で入社をし、キャリアを積んでから正社員へ繋げるのもひとつの方法でしょう。

面接時では確実に正社員登用があるのか、その割合はどの位なのか確認しておきましょう。

 

まとめ

今回の記事では、事務職への転職が難しいと言われる理由や、事務職への転職を成功させるポイントを未経験者、経験者に分けて記載してきました。

事務職は人気職種であるため、転職を成功させるためには、「事務職の求人数が多い」、「内定に向けた書類、面接対策が充実している」転職サイトや転職エージェントをうまく活用していくことが大切になってきます。

上手に活用して事務職への転職成功に繋げていくことをおすすめします。