ビール

【キリンインターン】選考の倍率、面接内容、服装、内容、感想、内定に有利?

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、大手ビールメーカー「キリン」のインターンシップについて面接含む選考について記載しています。エントリーシートの設問や各面接の雰囲気、インターンの内容について詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

キリンのインターンシップの実施時期、日程

キリンのインターンシップは、「KIRINウィンターワークショップ」という名称で文系理系問わず参加可能な2つのワークショップと、理系学生のみ参加可能なワークショップの計3つのワークショップが開催されます。

プログラムとしては、ビジネスの最前線で活躍する社員による業界や仕事に関する講演や、実際の業務を体感したり、社員との交流による企業理解を目的としています。

2017年においては、以下の3つのワークショップが開催されました。

 

総合飲料ビジネス体感ワークショップ(1DAY)

総合飲料メーカーのキリンにおけるビジネスのケースワークや、営業現場などの業務理解を通じてキリンの仕事を体感する1日のみのワークショップです。

・東京

開催日:2月6日、8日、21日、23日

実施場所:中野・キリン本社

・大阪

開催日:2月10日、11日

実施場所:キリン大阪支社

 

マーケティングの仕事体感ワークショップ(3DAYS)

キリンのマーケティングや市場戦略について社員とともに理解を深めていく3日間のワークショップです。

開催日:①2月14~16日 ②2月21日~23日

実施場所:中野区・キリン本社

 

技術系の仕事体感ワークショップ(5DAYS)

研究や技術開発、エンジニアリングを通じてキリンの実際のものづくりの現場を体感する5日間のワークショップです。

開催日:①エンジニアリングコース‐2月6日~10日 ②研究・技術開発コース‐2月13日~17日

実施場所:①は中野・キリン本社および神奈川工場 ②は神奈川工場

 

キリンのインターンシップの選考の倍率

例年、キリンのインターンシップでは多数の応募者があり、日本を代表する飲料メーカーとして非常に高い知名度を誇る大企業なので、通過するにはかなりの激戦とされます。全体の応募者数は公表されていませんが、他の大手飲料メーカーを参考に計算すると大体2000人以上と予想されます。

これだけの数が応募するため、エントリーシート(ES)の段階でも相当の絞り込みが行われ、実際に面談を経て最終的に参加できる人数は50名程度とごくわずかです。よって、倍率も「40~50倍」で狭き門といえます。

[ad#a]

 

キリンのインターンシップの面接選考内容

キリンのインターンシップの選考フローは、①エントリーシート提出→②選考(面談)というプロセスです。エントリーシートは11月中旬から受付を開始、12月中旬ごろ締め切りとなります。その後、エントリーシート通過者は1月中旬から下旬にかけて東京・大阪・札幌・福岡の4か所で面談形式の選考を行い、最終的にワークショップ参加者を決定します。

 

エントリーシート(ES)の内容と回答のポイント

キリンのインターンシップでは例年、エントリーシートは「リーダーシップ経験」と「世の中に驚きと感動を与えるために何をするか」の2つが設問となっています。両設問ともに字数制限はなく、応募者の判断に任されます。短すぎず長すぎない適切な字数として、400~500文字程度が理想です。ある程度の分量なのできちんとした文章力が求められるでしょう。

回答のポイントとしては、その学生がインターンシップ中はもちろん、入社後も強いリーダーシップを発揮して多くの人の心を動かす人材であることが条件として求められるので、これまでの経験を踏まえてそこに合致したエピソードなり実績を具体的に記述しましょう。また、書いた内容はしっかりと吟味し、論理的で分かりやすい文章を心がけます。

 

面接について

エントリーシートが通過すると、次は面談形式の選考となります。過去の選考においては、1対1の個人面接で、時間は約20分ほどです。和やかな雰囲気で行われるので、これまでの経験やそれを踏まえてキリンで何を学びたいかを元気よくハキハキと説明できるように準備しておきましょう。

また、キリンでは「学生時代に何か1つ成し遂げたこと」を大事なポイントとして捉えているので、大学時代に頑張ってきたことで自分自身がどう考えて、どう乗り越えてきたのかを分かりやすく伝えると高評価を得られるようです。

[ad#b]

キリンのインターンシップの参加時の服装

服装については特に規定はありませんが、スーツなどフォーマルな場にふさわしい格好が望ましいでしょう。私服可であれば、あまりカジュアルすぎない服装がベターです。

 

キリンのインターンシップの内容、感想

キリンのインターンシップは、現役社員との直の触れ合いやともに商品開発、提案を練ってチームワークを養う比較的自由な和気あいあいとした雰囲気のワークショップです。

社員との距離も近く、キリンの商品に対する想いや、どういった過程で商品が販売されていくかなど、普段味わえない貴重な体験ができると過去の参加者からは高い評価を得ています。入社してからでは難しい、インターンシップだからこそ学べる機会は他にない経験となるでしょう。

 

キリンのインターンシップは内定に有利になる?

結論から言うと、インターンに参加すれば内定に直結する、ということはありません。ただし、激戦を勝ち抜いたインターン経験者であれば通常の採用選考においても一定の評価をされ、難関と言われるキリンへの内定に少しでも近づけるチャンスとなることは間違いないでしょう。キリン入社を希望するのであれば、このインターンシップを逃す手はありません。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 14:27 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop