ビジネス

【タカラトミーインターン】選考の倍率、面接内容、服装、内容、感想、内定に有利?

今回の記事では、「タカラトミー」のインターンシップについて面接含む選考について記載しています。エントリーシートの設問や各面接の雰囲気、インターンの内容について詳しく紹介していきます。是非参考にしていただければ幸いです。

タカラトミーのインターンシップの実施時期、日程

「タカラトミー」のインターンシップは、「タカラトミーWinterインターンシップ『企画脳を鍛えよう』」という名目で毎年冬に実施されます。これまで業界において有益の人材を生み出してきた人気のインターンシップです。タカラトミーのインターンシップの目的は、エンターテインメント業界で必要な企画力や発想法を実際の業務を通じて体感するワークショップ型のプログラムとなっています。

実施内容はオリエンテーション、ワークショップ、企画発表からなるプログラムで、他にも企画に対するフィードバックや社員交流などもあります。

以下に実施概要をまとめていきます。

おもちゃ会社の企画体験「企画脳を鍛えよう」

日程

第1回:2017年9月12日~15日

第2回:2017年9月19日~22日

場所

東京

応募締切

2017年7月9日

[ad#a]

 

タカラトミーのインターンシップの選考の倍率

「タカラトミー」のインターンシップは、一般にもよく知られた有名玩具メーカーということで毎年多数の応募者がエントリーする人気のインターンです。

応募者数は公表されていませんが、「タカラトミー」はこの業界ではトップクラスの企業であることから相当の難関が予想されるので、エントリーに関しては入念な準備が必要になります。

 

タカラトミーのインターンシップの面接選考内容

選考フローは、①エントリーシート⇒②面接の2段階です。

エントリーシート(ES)の内容と回答のポイント

「タカラトミー」のインターンシップ選考はESの提出から始まります。応募者が多い人気のインターンのため、この段階でかなりの数が絞り込まれます。よって、このインターンではESが重要な位置を占めるので、入念な対策を行ってESを提出するようにしましょう。

「タカラトミー」は業界内でも自由な発想を大切にする社風、また人材を求めるため、ESについてもその点を意識して書くことが大事です。文章については結論を書いてから、その説明を具体的なエピソードを交えて分かりやすく書くと説得力が増して良いです。

面接について

「タカラトミー」のインターンシップでは、最終的な参加者を決めるために面接が実施されます。形態は年度によって変動がありますが、学生7対面接官2の集団面接で、ESの内容に沿って質問がなされる一般的な内容です。時間は30分程度で、和やかな雰囲気で行われます。

「タカラトミー」の面接は、学生が多い集団面接で一人あたりの発言時間が限られているので、端的に分かりやすく話すことを意識しましょう。

<過去の面接の質問>

「1分間で自己PRをしてください」

「ほかの学生の自己PRを聞いて印象に残った学生の自己PRは何でしたか」

[ad#b]

 

タカラトミーのインターンシップの参加時の服装

「タカラトミー」のインターンシップは、エンターテインメント業界ということで服装に関しては比較的自由とされます。私服OKであればそれで構いませんが、その指示がなければスーツを着用が無難です。

タカラトミーのインターンシップの内容、感想

「タカラトミー」のインターンシップは、玩具メーカーの中でも凝縮された手厚い内容として過去の参加者からは高い評価を得ています。プログラムの内容もワークショップを通してタカラトミーの商品知識や企画力を学べる充実した中身となっています。

参加者は幅広い大学の学生から構成され、非常に個性豊かで高い目的意識をもった幅広い層の学生が多いので、参加により将来への大きな糧やこれからの就職活動への好材料となるのは間違いありません。社員との密な交流もタカラトミーの実際の現場、同社の企業風土を深く理解できたと評判です。

タカラトミーのインターンシップは内定に有利になる?

「タカラトミー」のインターンシップでは、このインターンが採用選考活動に直接つながることはありません。ただし、内定とまではいかなくとも、このインターンを通して実際の仕事内容を体験したり、社員との交流を通して「タカラトミー」で働きたいという理由に至った大きな根拠となることは間違いありません。

よって、タカラトミーを志望する学生はこのインターンを内定へのチャンスとして積極的に参加することをおすすめします。