その腕時計は就活向き?ビジネスシーンに合わせた腕時計のポイント

学生のみなさんは就活準備のために色々なアイテムをそろえていると思われます。

その中でも高価な部類に入る腕時計。「今どき時間なんてスマートフォンで確認できるし、腕時計なんてわざわざ高いもの買わなくていいんじゃないの?」とお考えの方もいるでしょう。

ですが就活のその先、入社後のビジネスシーンを見据え、身に着けているアイテムを選んでいくことが大事なのです。

就活で腕時計は必要?意見は分かれるがあった方がいい

就職活動サイトでは腕時計は必要かどうか、最近は意見が分かれてきています。理由としてスマートフォンで時間を確認でき、ビジネスマンも時計を身に着けている人も少なくなってきていることからきています。

ですが必須ではないにせよ、腕時計はしておいた方がいいという意見は多いです。これまでのリクルートスーツのマナーを顧みて、少しでも好印象を与える要素をそろえておくことは損ではありません。

腕時計をしないと、面接で印象が悪くなる?

携帯端末が普及する以前は、ビジネスマンに腕時計は必須という意見も多くみられました。ですが現代では腕時計が担っていた役割を、すべてスマートフォンで代替えできるようになりました。

これにより、スーツには腕時計という考え方は風化しつつあります。

ご年配の面接官だと「スーツに腕時計をしてないなんて常識知らずでは?」と思う方もいるかもしれませんが、腕時計をしていないからといって面接を通過できないということはありません。

筆記試験会場では時計がないところも

企業によっては筆記試験を行うところもあるでしょう。もちろん会場ではスマートフォンの使用は禁止です。

会場に備え付けられている時計が必ずしも見えやすい位置にあるとは限らないので、時間配分を確認するために腕時計が必要になってきます。

ビジネスシーンに相応しい腕時計のポイント

「わざわざ買おうにもビジネス用の腕時計って高そう」「普段使いの腕時計ではダメなの?」とお思いの方もいるかと思います。

ですが普段おしゃれやファッション用に買った腕時計を、スーツと合わせてみたらどうですか?黒や紺のスーツに対して腕時計がなじまず、逆に浮いてしまうケースが多いと思います。

この項目ではスーツに似合い、ビジネスシーンに相応しい腕時計のポイントを押さえていきましょう。

傷や汚れがないもの

ネクタイや靴、スーツと同様、腕時計も傷や汚れがないものを選びましょう。

就活を機に新しく買うのであれば問題はありませんが、普段から使用しているのであれば気が付かないうちに付いた細かい傷や汚れがあるかもしれません。

スーツの袖に隠れて目立たないアイテムですが、ふとした時に見える細かい部分をチェックしている面接官もいます。目立たないところにも気を配れることが重要です。

素材にもよりますが汚れであれば乾いた布や古くなった歯ブラシで優しく磨くことで大半は取れます。細かい傷は市販の超微粒子研磨剤や金属磨きクロスを使うと目立たなくなります。

DIYを取り扱うお店や量販店などで購入でき、値段も安価ですのでお手入れ用に購入しておくと便利です。

デジタルよりもアナログを

特にこだわりがないのであればアナログ時計を選びましょう。どちらも時間を把握できる機能に差はないですが、アナログ時計の利点は現在の時刻を針の位置で一目で把握できることです。

また、ご年配の面接官であるほどアナログ時計を使用している割合が増える傾向があり、スタイリッシュなアナログ時計を好むビジネスマンが多いです。

装飾の少ないシンプルなもの

就活やビジネスシーンにおいては文字盤に絵イラストがあるものやベルト部分に装飾があるものは避けましょう。

また、ゴツゴツとしたスポーツ用の時計だと子供っぽいイメージを持っている方も少なくありません。また、そのようなスポーツ用時計は場違いな印象を与えかねません。

就活用腕時計の具体的なポイント

前項では就活、ビジネスシーンに相応しい腕時計の特徴についてお話しましたが、ここからはさらに具体的にどのようなものを選べばいいのか、また逆に選んではいけないものを考えていきましょう。

腕時計の色

基本的にシルバーを基調としたものにしましょう。例えば金色の腕時計ですと古くからお金持ちのイメージがあり、嫌みな印象を与えかねません。また、原色、パステルカラーの色もスーツと一緒にした際に浮いてしまいます。

また、ベルトの素材についてもゴム製や布製だとカジュアルな印象を与えます。革製かシルバーのものを選ぶようにしましょう。革の場合、色は黒かブラウンを選びましょう。どちらの素材も体質によっては素材で肌がかぶれてしまう可能性もありますので、自分の体質に合わせて選びましょう。

デザイン

前項でも記述しましたが装飾がなく、文字盤の視認性が高いものを選びましょう。また、選ぶ際はスーツかそれに近い服装でお店へ行くと、着けた際のイメージが想像しやすくなります。

予算

身に着けているブランド、値段については面接官もそこまで気にしていません。普段あまり使い慣れていないのであれば壊れてもいいように1000円~5000円以内の予算でも十分いいデザインはあります。

また、社会人になってからも使うことを見越しているのであれば、1万~2万の予算で選んでもよいでしょう。

購入場所について

オンラインショップや百貨店など選択肢としては様々ですが実店舗で試着し、価格を比較して安い方法で購入するということをおすすめします。

また、腕の太さが変化して最初に合わせたベルトの長さが合わなくなる可能性もあります。時計屋さんで数千円から長さ調整をしてくれますが、ベルトの長さが自分で調整できるものを選ぶか調整用の道具を自分で揃えておくといいでしょう。

腕時計は、見えないところへの気配りがうかがえるアイテム

ここまで就活用腕時計についてお話してきましたがいかがでしたか?

就活では出費が多いため、なるべく安価なものか長く使えるものを選ぶのがポイント。価格やブランドではなく、スーツやネクタイとのバランスを見て腕時計を選んでいきましょう。