転職を成功させるための準備。ベストタイミング・必要な手続きは?

twitter
はてな
facebook

“転職を成功させるためには、まずスケジュールを組んで入念に転職の準備をし、計画的に転職活動を進めていくことが大切です。

具体的にはどのような準備が必要になるのか、当サイトでは、転職活動に必要なプロセス、重要なポイントについて詳しく説明しています。

仕事の悩み・転職理由を整理する

誰もが一度や二度は「もうこんな会社やめてしまいたい」とむしゃくしゃした気持ちになることはあるものです。

退職したい気持ちがたかまっても、衝動的に退職届を職場に突きつけてはいけません。転職願望は、一時的な気持ちの揺れ動きということも多いものです。

現在の仕事や職場に不満があり、転職したいと思うようになったら、まずはなぜ転職したいのか、本当に転職した方が良いのか、動機を振り返ってみましょう。

ちなみに、転職を考えるきっかけは人それぞれ、職種や業種、男性と女性、企業の違いによっても事情は異なるのですが、全体の傾向としては、次に挙げる理由が多くなっています。

転職・退職したい理由

  • 年収が低い・昇進が見込めない
  • 残業が多い・休日が少ない
  • 同僚・上司・部下との人間関係に悩みがある
  • 仕事内容が合わない・ほかの仕事がしたい

転職したい理由:給料が低い

転職の理由で多いのが、給料の低さです。特に、手取りが少なくやりくりが厳しい人、家族を養っている人は切実でしょう。実際、現在の給料に満足しているという人のほうが少ないようです。

現在の職場で給料をアップさせるためには、キャリアアップする、長く勤続して昇給するという方法もあります。

しかし、激務の割に年収が低すぎる場合、昇給が見込めない企業、業績が悪化している企業に勤務している場合は、早めに転職に踏み切った方がよいかもしれません。

2015年の厚生労働省の調査(2015年)によると、転職したことで賃金の増えた人が約4割いることがわかっています。

このように転職で必ずしも年収が増えるとは限らないのですが、条件の良い職場を探していけば、今よりも給料の高い職場へ転職するチャンスは生まれます。

転職したい理由:残業が多い・休日が少ない

残業が多い、休日が少ないという理由で転職を考える人も多いです。

暗黙の了解のように多くの労働者が我慢して働いていますが、時間外労働が長時間に及ぶ労働環境は、言うまでもなくNGです。

帰宅時間が遅くなる、休日がつぶれる、こんなことが続けば心身は疲弊し、体調を崩したり仕事のパフォーマンスを低下させる悪循環を生み出します。

もし、サービス残業を強制するブラック企業ならば、体を壊さないうちに退職することをおすすめします。

従業員のワークライフバランスを重視している企業は増えており、そのような企業なら残業の長さを理由に転職しても理解してもらえることが多くなっています。じっくりと求人をチェックして、残業の少ない職場に就職しましょう。

転職したい理由:人間関係に悩みがある

ほとんどの人が職場で人間関係に何らかの悩みを持っています。それは、日々の些細なストレスから仕事に支障をきたすほどの大きな問題まで多岐にわたります。

特に多いのは、上司や部下とうまくいかない、ワークプレイスハラスメント(職場でのパワハラ・セクハラ)、陰湿ないじめ…などでしょう。

職場の人間関係の問題がこじれると、仕事に支障をきたしたり、精神的な苦痛から大きく体調を崩してしまうなど、深刻な事態に発展することも少なくありません。

ちょっとした人間関係の悩みは、自分の受け止め方に問題があって生じていることが多いので、気持ちの持ち方を切り替えて、あまり気にしないようにすることも大切です。

ただし、明らかなパワハラやいじめは、自分の努力だけではどうにも改善できません。信頼できる第三者に相談し、早めに配置換えをしてもらったり、転職などの対処をとることを考えましょう。

転職したい理由:仕事内容が合わない・ほかの仕事がしたい

「今の仕事が自分に合わない」という理由で転職する第二新卒者は、昔から変わらず多く存在しているのだそうです。

「就職してみると思ったよりも大変で、仕事ができなくてつらい」という理由で退職する人もいれば「やりがいがなく面白くないので、ほかの仕事で活躍したい」と転職を希望する人まで、事情はさまざまです。

現在の仕事で手ごたえが感じられない場合は、同僚や上司に相談したり、スキルアップを試みたりして、その原因を解決するよう心がけるとよいでしょう。

それでも仕事が合わないと感じる場合は、無理に現在の仕事を続ける必要はありません。ほかのフィールドで力を試してみたい人は、スキルを磨いて転職をしてみましょう。

悩みが解決できるなら転職に踏み切ろう

本当に退職してよいのか、仕事の悩みは解決できないものか、仕事の悩みや転職したい理由を整理して、十分に検討してみましょう。

単に現在の仕事や職場に不満があって、そこから逃げたいだけなら、次の転職先でもうまくいかない可能性があります。悩みが努力次第で解決できそうならば、退職せずにもう少し頑張ってみた方がよさそうです。

十分に考えた上で、やはり退職した方が良いという判断に落ち着き、転職の目的がはっきりしているならば、迷わずに転職の準備を始めるとよいでしょう。

第二新卒が抱える仕事の悩み・転職理由についてはこちらで詳しく紹介しています。
仕事の悩み・転職理由を整理する

転職活動の時期・スケジュールを決める

転職に成功させたいならば、タイミングを選んで行動に出ることが大切です。どのようなタイミングで転職活動を始めればよいのでしょうか。

入社何年目で転職するのが有利か

入社して3年以内の転職、いわゆる第二新卒は、どちらかというと採用は不利だとされてきました。「とにかく最初の3年は、我慢して働いてみなさい。」と、さとされることが多かったものです。

最近は新卒で「入社してみたらブラック企業だったので、すぐ退職した」という人も増えています。その場合、社会人になって3年以内で退職するのは忍耐力がないと思われ、転職は不利になる風潮がみられます。

しかし、必ずしもそうとは限りません。その人のキャリアや業種によっては、なるべく早めに転職した方が有利な場合もあります。

転職に有利な年齢は

転職の採用に優遇される年齢層は20~30代前半、特に20代での転職が最も有利とされてきました。

また「35歳限界説」という言葉を目にするように、かつては35歳を過ぎると転職の門戸が一気に狭くなり、転職するなら35歳までがめどだと言われることもありました。

ひと昔に比べ「若いに越したことはない」という風潮が減ってきているため、30代でも年齢相応のスキルや経験があれば、20代より採用が不利になることは少なくなっています。

そして、近年は年功序列制、終身雇用制をとる企業が減ってきていることから、35歳以上の採用も需要が増え、転職に成功する人が増えてきています。

とはいえ、採用の枠は新卒より第二新卒のほうが少ないため、基本的に第二新卒は新卒より不利であることに変わりはありません。

転職を有利に進めたいならば、スキルを高め、他人にはない「強み」を作る必要があります。即戦力を持つ人材ならば、年齢にかかわらず採用されるはずです。

転職活動にかかる期間は

転職活動は平均して3か月~半年くらいかかるといわれています。

長引くのは良くありません。社会から離れている期間が長くなるほど、企業からは「就業意欲が低い人だ」「社会にうとくなる」とマイナスイメージを持たれ、採用が不利になりやすいためです。

失業期間を短くしたい人は、退職してからスムーズに転職活動が勧められるよう、退職するまでに転職の準備を始めておくとよいでしょう。

一年の中で転職に有利な時期は

求人が探しやすいのは2〜3月、8〜9月といわれていますが、それ以外の時期に条件の良い求人が見つかることもあり、一概にどの時期の転職が有利とは言い切れません。

春から転職の準備を始め、夏のボーナスをもらった後、8月ごろに退職・転職というプランもおすすめです。

転職を決意したらまずは準備から

転職したい明確な理由が見つかった時こそが、転職のベストタイミングといえるかもしれません。

退職する前に転職の準備を始め、退職後に転職活動が効率よく進むようにしましょう。

転職のタイミング、転職活動のスケジュールについては、こちらで詳しく説明しています。
転職活動の時期・スケジュールを決める

退職の手続きと心得

転職する前には、円満に退職するという大仕事が待ち構えています。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざのように、会社に迷惑をかけず、さわやかに会社を去りたいものです。

退職について誰に相談すべきか

退職しようか悩んでいる時は、一人で決断を下さず、まずは誰かに相談してみましょう。

会社に正式に申し出るまでは、社内外で信頼のおける人、たとえば上司、友人、先輩、家族などだけに話し、職場の余計な混乱を避けます。

退職交渉をする

退職の意志が固まったら、会社に退職交渉をし、退職する日を決めます。

退職の意志を報告するのは、直属の上司です。メールではなく、面に向かって「お話があります。」などと口頭で切り出しましょう。

法律上では、退職したい日の2週間前に退職の申し出をすれば、退職は受理されることになっています。

ただし、退職に向けてしなければならない手続きが多いため、2週間前では急すぎて良い印象を持たれません。2~3カ月前には会社に退職の意志を報告することがのぞましいです。

退職理由がネガティブなものであっても、正直に会社へ伝えてはいけません。前向きな理由を用意しておきましょう。

引継ぎを行う

退職することで自分のいたポジションに穴が開いても、その会社の業務が円滑に進むよう、退職するまでに後任者や取引先に業務をしっかり引継ぎしておきます。

退職の日を迎える

退職する日までに、挨拶状を取引先などへ送っておき、退職に必要な手続きや持ち物の整理などを済ませます。

出社の最終日には、退職の挨拶やスピーチが必要です。心のこもったスピーチをして、有終の美を飾りましょう。

退職・転職はスケジュール通りに

会社に退職を引き留められて、なかなか退職できなくなる場合があります。

それでは転職の足かせになったり、入社が決まっている就職先に迷惑をかけたりするので、退職はしっかり計画を立てて、スケジュール通りに済ませるようにしましょう。

退職の手続と心得については、こちらで詳しくチェックしてみてください。
退職の手続きと心得

転職の基礎知識

転職を成功させるため、転職の基礎知識をおさえておきましょう。

転職のメリット・デメリットを知る

現状が良くなることを期待して転職する人がほとんどだと思いますが、転職にはメリットだけでなく当然デメリットがあることも知っておかなければなりません。

転職のメリット
  • 収入や待遇が良くなる可能性がある
  • 自分のやりたい仕事ができる
  • 環境がリセットできる
転職のデメリット
  • 収入・待遇が悪くなる可能性がある
  • 退職金が下がる
  • 希望していた仕事につけない場合がある
  • 人間関係を一から構築し直す必要がある
  • 勤続年数がリセットされる(金融機関を利用する際に不利になる)

そもそも転職はリスクを伴いやすいイベントといえます。転職を考えている人は慎重に判断し、少しでも有利に転職できる方法を探しましょう。

転職には「自己分析」が必要

転職活動を始める前には、まず自己分析を行います。

客観的に自分の強みや弱み、転職の目的を明確にすることを「自己分析」といいます。これは、自分の強みが活かせる仕事を見つける、面接で自分の強みを明確にアピールして採用を有利にするためにも欠かせないプロセスです。

難しそうですが、自己分析に「こうでなければならない」というルールはありません。

一例として

  1. 転職したら「何がしたいか」「何ができるか」「何をするべきか」を書き出す
  2. 次に、なぜそう思うのかを追及し、結論を導き出す
  3. 結論を整理し、その中から自分の強みや弱み、将来のビジョンを明確にする

といった順序で考えをまとめる方法があります。

具体的には、キャリアやスキルを洗い出す、人間性を振り返る、具体的な願望などを書き出していけばよいでしょう。

自己分析がきちんと行い、その結果が自分で把握できていれば、面接で転職の理由や転職後にできることを質問された時にもしっかり答えることができます。

就職活動のマナーを知る

いくら経歴が優秀でも、マナーをわきまえていないと判断されてしまった人は、採用が不利になってしまう可能性があります。

就職活動をする時は、身だしなみ、電話やメールの使い方、履歴書の書き方、面接の受け方などのマナーをきちんとおさえておきましょう。

ビジネス用語の意味を知っておこう

ビジネス用語の意味をリサーチしておきましょう。

いわゆる「カタカナ語」と呼ばれるビジネス用語は、意味を知らないと職場の会話にもついていけません。覚えておけば、入社してからスマートに使いこなすことができます。

一例には次のような用語があります。

  • フィードバック…結果と評価を返すこと。「消費者のフィードバックを参考にする」
  • コミット・コミットメント…委任、公約。「コミットメントを遵守する」
  • ナレッジ…有益な情報。「社内でナレッジを共有する」
  • ペンディング…保留、先送り。「一旦ペンディングにしておこう」

業界によって頻出する用語も異なります。志す業界のビジネス用語を勉強しておくとよいでしょう。

転職を考える前に

職場の環境に不満があって転職を考えている人は多いと思います。しかし中には、自分に非があるのに周りのせいにしているため、業務や職場の人間関係がうまくいかなくなっている人もいます。

たとえば、上司とうまくいかない、人間関係が良くないので会社を辞めたい気持ちになっている人は、勉強不足やマナーが守られていないことが原因になっている可能性もあります。

なんでも他人のせいにする癖のある人は、転職しても同じトラブルを繰り返す可能性があります。自分の努力で問題が解決できないか再確認してみることも必要です。

転職に関する基礎知識に関する情報はこちらをチェック。
転職の基礎知識

転職活動に不安のある人は転職エージェントを利用してみよう

転職するために必要な準備や手続き、知っておかなければならないことは、意外に多いものです。情報を収集しながら、プロセスを一つ一つクリアしていきましょう。

転職を有利に進めたい人、初めての転職で何をすればよいかわからない人は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

転職エージェントは「職業紹介事業者」「人材紹介サービス」とも呼ばれます。

求職者が利用登録すると、求人情報を紹介してもらえるだけでなく、キャリアコンサルタントから書類作成や面接に関するアドバイスをしてもらえたりするので、スムーズに転職活動を行うことができます。

転職エージェントによって特色は異なります。複数の転職エージェントを利用して情報を収集・比較し、より良い求人情報を見つけていきましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月19日 08:36 求人更新
twitter
はてな
facebook

転職を成功させるための準備CATEGORY

第二新卒の方で転職をお考えの方もいらっしゃると思います。しかし、転職エージェントを使って転職をしようと考えたとき、転職エージェントが多すぎて、どの転職エ…

MORE>

就職の世界では3年というキーワードがよく使われます。石の上にも3年ということわざから端を発したキーワードですが、就職した会社で3年働かないといけないとい…

MORE>

辞める決心をしていても、いざ言えば退職理由や転職先について色々詮索される可能性があるので、なかなか躊躇してしまいますよね。 ですが退職交渉で失敗し…

MORE>

「転職活動は何年勤務してから始めるべきか?」転職活動について、大きな議論になる内容のひとつです。 最初に結論を申し上げると、この議論に明確な答えは出ま…

MORE>

職場のストレスというのは、誰にでも多かれ少なかれあるものです。 実際に職場での過労やストレスが溜まりすぎることで、悲しい結果になってしまうというニュー…

MORE>

就活・転職活動をやっていると、交通費がかかるので貯金は減っていくわ、面接で物凄く緊張するわでストレスばかり溜まりますよね。 しかし、就活・転職…

MORE>

会社を辞めるときには、年金や失業保険、税金関係をはじめとした様々な制度の手続きがあります。 特に社会保険に関する手続きは重要な手続きのひとつでもありま…

MORE>

一つの企業である程度の期間働いて努力をしていけば、おそらくある程度の地位や給料を得ることができているはずです。しかし、その地位や給料に対して果たして満足して…

MORE>

日頃の給与から天引きされている、各種の税金。働いている間はあまり気にすることのないこれらの税金について、どうしても考えざるを得なくなるのが、転職をした場合で…

MORE>

転職をするにあたって、これまでの自分のスキルや経験を見つめ直した時、資格をとっておいた方がいいのではないかと悩むこともありますよね。 しかし、実のとこ…

MORE>
pagetop