面接で志望動機をまっすぐに伝えるコツ。3つのポイントで好印象に

面接で必ず聞かれるのが志望動機です。

企業によっては聞く内容は様々ですが、企業の採用担当者がこの志望動機を通して知りたいことがあります。

どれだけ自社に貢献できるかということやどれだけ自社に対して熱意を持っているかを見ています。

また、自己PRを織り交ぜながら話すと採用担当者に好印象を受けます。

「自分は〇〇が得意だから、御社のこういった職種に貢献できると思い志望しました」など、自分だけの言葉を作りましょう。

誰でも言えそうなネットから拾ってきたような言葉は、企業は望んでいません。

個性の光る、熱意のこもった志望動機を伝えられるようにすることが面接の重要ポイントです。

志望動機を明確に伝えるには

志望動機を明確に伝えるには、起承転結のようにまず自分の一番の動機を端的に結果から伝えることです。

そのあとに、「何故ならば〜」と付け加えるとスムーズに話すことができますし、聞き手もわかりやすいです。

まず結論から端的に伝える

まず、自分はなぜこの会社を志望したのか、一番の理由を素直に伝えます。

同じような職種がある企業はたくさんある中、なぜその会社を選んだのかをしっかり伝えられるようにしましょう。

なぜそう思うか、その結論に至った理由を述べる

なぜそう思うかという内容には、必ず結論から論点が外れないように述べます。

企業に魅力を感じたなら、企業のことをどれだけ知っているかがポイントになり、企業のことを詳しく調べていると入社意欲が高いと評価されます。

また、自分の経験なども踏まえると言葉に重みが出てきます。

企業について述べる場合

企業のどこに惹かれたのか、企業の職種についてどんなことに興味を持っているのか具体的に述べることは、入社したい気持ちが相手に伝わります。

企業の惹かれたところをアピール

企業のどこに惹かれたのかはしっかりアピールしましょう。

本当にその会社に入社したければ、しっかり下調べするはずです。

その会社の社風や作っている商品について、会社の歴史や社員の印象などを述べるのも好印象を与えます。

職種に興味を持っていることをアピール

企業が募集する職種にどれだけ興味を持っているかも伝えることも志望動機のポイントです。

自分の向いている職種がここの企業にあったということをアピールし、どんなところがその職種に向いているのかを伝えます。

この職種に対する経験を盛り込んだり、会社でこの職種に就くことができたら自分はこんなことができるということも志望動機の一つになります。

自己PRを含めて述べる場合

志望動機には企業のことだけではなく、自己PRを踏まえた動機や体験エピソードなどもプラスすると、現実味も増し、志望動機に独自の信憑性が生まれます。

この自己PRを含めた志望動機は、採用担当者に対しても説得力が増します。

自分の得意なところと企業に貢献できるところをアピール

自分が得意なところは何かを述べた後、「だから御社のこういったところに貢献できます」という風に続けると入社したいという気持ちが高いのだと伝わります。

例えば、学生時代に経験したアルバイトでの接客において、人と接することや人をまとめるのが得意、昔から一からものを作ることが好きで何でも手作りするのが得意など何でも構いません。

自分の得意な部分は企業にこんな風に貢献できるということをつなげるのも効果的です。

自分の好きなことと企業の職種と合うところをアピール

自分の好きなことを仕事にする人はたくさんいます。

でも、好きなことだけでは仕事にはならないことが多いのが現実です。

そこで、自分の好きなことと企業が募集する職種の中に少しでも自分の好きな部分が入っていると興味が湧きますよね。

例えば、企業が扱っている製品が普段愛用しているものだったり、イベントを企画すること、グルメが好きであればレストランや食に関わる会社などが挙げられます。

自分の趣味や好きなことは自然に熱意がこもると思います。

企業の職種でどんな風に活かしてみたいか、自分だったらこんなことができるということや将来はこんことをしてみたいということまで言えると、会社にとってほしい人材に思われます。

志望動機で見られていること

面接での志望動機では、一つ一つの発言から見られていることがたくさんあります。

本当にこの会社に入って貢献してくれる人材かどうかということは必ずポイントになっています。

人間性や他者とうまくやっていけるかというコミュニケーション能力も見られています。

また、説明が上手か下手かということも評価されます。

志望動機は自分の言いたいことを端的にかつ明確にまとめ、誰もがいうような言葉にならないように気をつけましょう。

独自の経験を交えた志望動機で、採用担当者に印象に残る人になれるといいですね。