整理

就職浪人のメリット、デメリット、しない場合の選択肢とは?【大学院】

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、就職浪人の意味、メリットやデメリット(年金、学費、奨学金)、大学院進学などの就職浪人をしない場合の選択肢について記載していきたいと思います。

新卒の就活に失敗し、就職浪人を選択するか迷っている人は、是非参考にしていただければと思います。

 

就職浪人の意味

新卒の就職活動の際に採用内定に至らなかった、または希望に沿わなかったなどの理由から、採用内定を辞退した上で、就職活動を継続している人のことを指します。

近年では、自ずから就職浪人を選択する人も増加しています。就職が決まらずに卒業し、引き続き学生として残り就職活動をする人のことは就職留年といいます。

 

就職浪人をするメリット

希望の企業の選考にリベンジできる

「どうしても入りたい企業があり、選考試験を受けたが、内定をもらえなかった、しかし、どうしても諦めがつかない」という人は、就職浪人をすることで、もう1度その企業の選考にチャレンジすることができます。

実際に広告代理店やテレビ局など、人気業界の企業にチャレンジしたが、内定をもらうことができなかった人が、2回目の就職活動で内定をもらったという体験談もあります。

しかし、企業によっては、1度選考に落ちた人は、再チャレンジすることができない制度を取っている企業もあるため、注意が必要です。

また、もう1度チャレンジしても受かる保障はどこにもなく、1年目の就職活動と同じように行動していては、当然内定がもらえません。

OB訪問をして企業研究の深堀をした、1年間のうちにアピールできる項目を作ったなど、去年の自分とは違う姿をアピールする必要があります。

 

自分自身を深く見つめ直すことができる

就職浪人をしているということは、良く言えば比較的自由な時間が得られるということです。ただし、皆が新入社員研修や初めての仕事でバリバリやっている時期にぼんやりしていてはいけません。

自分を深く見つめ直すとは、ぼんやりすることではなく、就職していては得られない何かを得て来る時間とする必要があります。

その何かは人それぞれですが、就職に繋がるものとしては、資格取得、ボランティア、留学やワーキングホリディで英語能力のアップなどがあります。

[ad#a]

 

就職浪人のデメリット

学費や奨学金などの負担が増える

就職浪人をすることにより、もう1年分学費が必要になります。国公立なら50万円、私立なら70~100万円ほどを用意しなければなりません。

また、在学中奨学金を受けていた人は卒業後から返済が発生します。奨学金の金額は様々ですが、就職をしていない状態での奨学金の支払いは人にもよりますが、多い人だと800万円という金額になるケースもあります。

この返済が就職をしていないのに卒業後から発生してしまうのです。

 

国民年金の支払いが負担になる

学生の間は免除になっていた国民年金保険料ですが、卒業したら払わなければなりません。平成29年度の1か月当たりの保険料は、16,490円です。年々増えています。就職して厚生年金に加入や結婚して3号になるなどしないと、この負担は永遠に付きまといます。

 

新卒の学生に比べて、就職浪人生に対する選考基準は高くなってしまう

新卒の学生に比べて、就職浪人生の選考基準は高くなります。「現役だったら通過したのに」ということもあるそうです。内定を出したのが就職浪人生であった場合、人事はその理由を問われるからです。

何故現役生ではなく就職浪人生を選んだのかという明確な回答を上司から求められるからです。つまり、それほど明確な採用理由が無いと現役生よりも厳しい採用基準になってしまうということです。少数内定企業や大企業ではこういった傾向が特に顕著でしょう。

[ad#b]

 

就職浪人しない場合の選択肢

大学院に進学する

就職浪人を選択しない場合、大学院に進学すると言う人もいます。大学院に進学するメリットは、専門分野をより深く勉強出来るということと、院2年生ではまた新卒で就職活動が出来るということです。

大学院でしか取得出来ない資格や単位などを取得することで、大学院卒の新卒枠にも応募出来ますし、院卒ということで就職活動で有利になることもあります。しかし、しっかりと専門分野の勉強を深めておかないと、返って不利になってしまうので真剣に打ち込んでおきましょう。

 

フリーターになる

フリーターになる人も多いです。生活費や交際費を稼ぐ必要があり、加えて国民年金保険料や、国民健康保険料などがかさんでしまうので、アルバイトやパートをして働かないとやっていけないという事態になります。

しかし、そこで培った社会経験は就職活動で生かされることもあるので真剣に仕事に取り組むことが大切です。気をつけなければいけないのは、一時的にお金を手にして気を良くしてしまい、就職活動をしなくなってしまうことです。

若いうちはフリーターのほうが良いかもしれませんが、社会保障が少ないというのは人生において大きなデメリットになります。結婚などにも影響して来ますので、フリーターはあくまで就職するまでの繋ぎだと肝に銘じておくことが必要です。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 19:42 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop