介護職を辞めたい。経験者が語る、その悩みを前向き思考に変えるコツ

0 コメント
twitter
はてな
facebook

介護職や看護職、教師などの対人支援職は、とかく人格者であることを求められがちです。滅私奉公が合言葉のようになり、相応の対価が求められなくても相手に尽くすことが当然だと思われる風潮もいまだに見られます。

ですが、介護職だって人間です。体は疲れますし生活もあります。理不尽なクレームに心が折れてしまうことだってあります。

「辞めたい」と思ってしまうその気持ちは、決して悪いものではありません。辞職を考えるほど疲れてしまったその時は、ちょっと立ち止まって、自分の気持ちを整理してみませんか。

まずは原点回帰から。辞めたい気持ちの原因を探ろう

就職したときの気持ちと、今の自分の気持ちを、比べて考えてみましょう。どういった気持ちの変化があって、「辞めたい」とまで思うようになってしまったのでしょうか。

嫌な気持ちを直視するのは、つらいことかもしれません。ですが、「何が嫌なのか。どうして嫌なのか」が自分自身で分かっていないと、現状からの解決策を導き出すことができません。

そのままの職場で介護職を続けたい場合は、今抱えている問題を解決しないと、嫌な気持ちのまま仕事を続けていくことになります。マイナス感情を抱えたまま仕事をしていると、要介護者にケガをさせる事故をおこす危険もふくらみます。

職場を変えて介護職を続ける場合も、それは同じです。職場を変えることで一旦は気持ちがリセットされるかもしれません。ですが、嫌な気持ちの根本的な原因がわからないままでは、また同じ過ちを繰り返す可能性が高いでしょう。

介護職からほかの職種への転職を考える場合にも、嫌な気持ちを精算することは重要です。嫌な気持ちのまま転職してしまうと、せっかくの専門的な経歴が、マイナスイメージだけの思い出したくない記憶になってしまいます。

嫌な気持ちを昇華させて、前を向いて生きていくために、まずは「辞めたい」気持ちに向き合いましょう。その原因を取り去って、さっぱりと精算してしまうことが大切です。

辞めたい気持ちはどうしてなのか。自分の気持ちを振り返ろう

それでは、自分が「辞めたい」と思っている原因がどこにあるのかを振り返ってみましょう。人の気持ちは、その人にしかわからないものです。まずは、あなたが抱えている「やめたい気持ち」がどこからくるのか、それを考えてみましょう。

介護職という仕事が嫌な場合もあるでしょう。人のお世話をするということは、物理的にも精神的にも、人間の汚い部分を見ることになります。排泄介助などが苦痛な場合もあるでしょう。

職場の人間関係に、嫌気が差している場合もあるでしょう。特に夜勤がある職場では、精神状態が悪くなりがちです。夜眠れないことで自律神経が乱れ、気持ちも苛立ちがちになるからです。

対人支援という仕事自体が、相応のストレスを伴う仕事です。支援を要する人は、自分が困窮しているあまりに、他人への気遣いができなくなっていることもあります。その感情が介護職へぶつけられることも、往々にしてありますからね。

職場での理不尽な扱いに、耐えられなくなっている場合もありますよね。現場を支える介護職ですが、看護師やケアマネジャーと比べると、とかく下に見られがちです。家族からのクレームなど、責任を押し付けられることも多いでしょう。

ここにあげた理由に、あなたが共感できるものはあったでしょうか。

あなたが抱えている「辞めたい」という気持ちは、これらの理由とは違うところにあるかもしれません。けれど、少しでも共感できる部分もあるのではないでしょうか。あなたと同じように悩んでいる人は、世の中のどこかにきっといるはずです。

「自分だけがこんなにつらい」と思い込まず、「どうしてつらいのか」を考えてみましょう。現状を打開するためには、その理由を考えることこそが必要です。

自分の気持ちを否定せず、前を向けるように考えよう

「仕事が嫌だ」と思ってしまうことは、悪いことではありません。ここまで記事を読んでくださった方なら、自分が「辞めたい」と思っている理由や、その原因について、ご自身で分析をできていることでしょう。

ここからは、これから前を向くためにはどうしたらいいかを考えていきましょう。「仕事を続けられない自分」を否定するのではなく、「新しい一歩を前向きに踏み出せる自分」に変えていくのです。

今の職場で仕事を続ける

「辞めたい」と思ったからといって、すぐに退職するわけにはいかない場合もありますよね。一箇所の職場でまとまった経験年数を得たい場合や、人手不足などで退職を待ってほしいと言われる場合もあるでしょう。

「辞めたい」気持ちを抱えながらも、今の職場で仕事を続けようと思うのなら、上手なストレス発散方法を考えておきましょう。愚痴を聞いてもらったり、仕事の悩みを相談したりする環境を作ることが大切です。仕事以外に趣味を作るのも良いですね。

ひとりで悩みを抱え込んでしまいがちな方には、こちらの記事がおすすめです。

▼関連記事
介護職に多い悩みと解決法。情報漏えいに注意し相談できる3つの存在

どんな些細な悩み事も、自分ひとりで考え込んでしまうと、深刻な問題になってしまいがちです。相談したり、愚痴をこぼしたりできる環境は、とても大切ですよ。

ほかの事業所へ転職する

「介護職を続けていこうと思うけれど、今の職場はどうしても嫌」という方には、別の事業所への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

同じ介護の仕事でも、事業所によってがらりと雰囲気が変わります。同じデイサービスでも、経営者や責任者が変わるだけで、働きやすさがまったく違うのです。

もちろん、今つらいと思うことが施設介護の夜勤なのなら、夜勤のないデイサービスや訪問介護に転職するのも良いでしょう。スタッフ数も要介護者数も多い大規模な事業所で疲れてしまったのなら、小規模な事業所へ転職するのも良いですね。

介護職というカテゴリ内での転職を考えるなら、こちらの記事に、それぞれの職種でのやりがいポイントがまとめられています。職種ごとの特徴を見ながら転職先を考えてみるのも、良いかもしれません。

▼関連記事
介護職のやりがいを感じる時、感じない時。職場ごとの経験者の声

求人が豊富で、同職種内で転職がしやすいのが、介護職の利点でもあります。一箇所の職場でくじけてしまったからといって、他でもダメだと想う必要はありません。あなたが働きやすいと思える職場が、きっとあるはずですよ。

一般職へ転職する

介護職では「もうやっていけない」と思うほど嫌な気持ちでいるのなら、一般職への転職を考えてみてもいいかもしれません。

介護職は専門性が高い仕事です。また、対人援助という特殊な価値観のある仕事なので、一般職への転職を考えたときには難しい面もあるかもしれません。求人も、介護職ほどには多くはないでしょう。

ですが、介護職から一般職への転職ができないというわけではありません。一般職への転職活動に必要なのは、しっかりとした志望動機と、仕事に必要なスキルです。

一般職へ転職したあとで、「やっぱり介護の仕事がしたい」と、介護業界に戻ってくる方もいます。今の社会情勢では、介護職への転職は比較的容易ですから、その点も含めて転職を考えても良いかもしれませんね。

しばらく休む

しばらく休むというのも、ひとつの手段です。「仕事を辞めたい」と思うほどに心が疲れてしまったのなら、休職時間を設けて、少しの間だけのんびりと羽を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

日常的に繁多で、希望休も取りにくい介護職では、有給が消化できずに溜まっている方も多いでしょう。その場合は、退職に際して有給消化という形で、まとまったお休みをとることができる場合もあります。

有給がなくても、預貯金の許す範囲で、ご自身なりに「この期間だけは自分の休暇」と決めてしまうのも良いでしょう。休みの間をどう過ごすのかを決めて、有意義な時間を過ごすことができれば、新しいスタートに向けての英気が養えるはずです。

この場合は、いつまでを休暇とするのか、自分で期限を決めておくのが良いでしょう。そうでないと、いつまでもリスタートできないなんてことにもなりかねません。

選択肢はひとつじゃない。どれを選ぶも自分次第

仕事を「辞めたい」と思ったとき、真面目な人ほど、自分を追い詰めてしまいがちです。「社会人なのだから、きちんと仕事をしなくてはいけない」と思ったり、「こんな仕事も続けられないなんて、自分はダメな人間だ」と考えたりしてしまいます。

ですが、ひとつのことができなかったからといって、自分を全否定する必要はありません。「たまたま、この介護職が続けられない」というだけで、「どんな仕事もできない」というわけではないのです。

「仕事を辞めたい」と思ったとき、「でも、辞められない。自分にはこれしかない」と思い込んではいけません。

もしも仕事を変えずに続ける場合でも、「ほかの選択肢はない」と思い込むより、「ほかの手段もあるけど、この仕事を続けているんだ」と思ったほうが、心にゆとりが持てるはずです。

自分で自分を追い詰めてしまわないでくださいね。「自分にはいろいろな選択肢がある」ということを忘れないようにしましょう。

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月19日 13:59 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop