失敗

薬剤師の転職失敗体験談と、成功させるための3つのポイント

0 コメント
twitter
はてな
facebook

今回の記事では、薬剤師の転職失敗の具体的な例と、転職を成功させるためのポイントについて記載していきたいと思います。

薬剤師であっても、転職回数が増えると、市場価値が下がる

薬剤師は人生の平均転職回数が3〜4回と、転職の多い職業であると言えます。「資格があるからどこでも働ける」という安心感からか「何回転職してもよい」と考えている方も多いでしょう。しかしこれは誤解です。

転職を頻繁に繰り返すと、転職市場における自分の価値というものが、明らかに下がります。考えてみてください。もし逆の立場だった場合、あなたは企業の採用担当者として、短期間で辞めそうな薬剤師をわざわざ採用しないでしょう。長く働き、会社に貢献してくれそうな薬剤師を採用するはずです。

自分の職歴を荒らさないためにも、職場選びの際は慎重に検討しましょう。

[ad#a]

 

薬剤師の転職失敗例

調剤薬局から病院への転職失敗

調剤薬局から病院への転職で失敗する原因には、どのようなものがあるでしょうか。

人数が多いため、人間関係の構築に苦労する

1つには人間関係があります。調剤薬局の多くは在籍薬剤師人数が2〜4名程度であり、その人たちとうまくやっていけば人間関係に支障はありません。

しかし病院では、薬剤師人数が10〜30名のところも多いです。薬剤師人数が多くなると、その中にどうしても苦手な人がいたり、派閥ができてしまったり、人間関係で煩わしいことがでてきます。

病院薬剤師は下積み期間が長い

2つ目に、業務内容があります。病院では、調剤薬局よりも年功序列のカースト制度のようなものが残っており、「経験が浅いうちは上司に指示された雑務しかやらせてもらえない」ということも往々にしてあります。

例えば、「病棟業務ができるのは在籍3年目から」などという決まりのある病院もあります。幅広い業務ができると思って病院に転職したのに、下積みの期間が長すぎて嫌気がさしてしまう薬剤師が多いのです。

 

病院から調剤薬局への転職失敗

「若いうちは病院でキャリアを積んで…」と考える薬剤師は多いのではないでしょうか。もちろんそのキャリアは理にかなってると思います。

病院は、歳をとってからの入職が難しいからです。目安として、病院への転職は30代までと考えていた方がよいでしょう。40歳以上で病院に転職できる人は、過去に病院で勤務していた経験がある方くらいです。

さて、話を戻します。病院から薬局へ転職したときのギャップには、どのようなものがあるでしょうか。

 

調剤薬局に転職し、閉鎖された環境に感じる薬剤師も多い

1つには、職場環境の大きな変化があります。今まで医者や看護師、臨床検査技師や作業療法士など、様々なコメディカルの方たちと仕事してきた薬剤師にとって、調剤薬局は閉鎖された空間で、退屈に感じることも多いでしょう。

 

調剤薬局に転職すると、業務の幅が狭まることが多い

また2つ目として、業務内容に関しても病院のときよりも業務の幅がだいぶ狭まるのを感じるでしょう。病棟業務や混注、治験やチーム医療など、病院でしか経験できない業務がたくさんあります。

病院出身者は、調剤薬局での閉鎖した空間で単調作業をする毎日に、物足りなさを感じてしまう方も多いのです。

 

調剤薬局からドラッグストアへの転職失敗

調剤薬局からドラッグストアに転職した人には、どんな悩みがあるでしょうか。

ドラッグストアでは、薬剤師として仕事にやりがいを感じれないこともある

1つ目に、薬剤師としてのやりがいを感じられない、というものがあります。調剤併設で処方箋もそれなりに来る店舗であれば、調剤薬局からのギャップは少ないです。

しかしOTC専門薬剤師となった場合、薬剤師の知識を生かしきれないことにもどかしさを感じてしまう人が多いです。2類3類医薬品は登録販売者でも売れますし、1類医薬品を売るときも、薬の説明を聞こうとしないお客さんもいて、今飲んでる薬や過去の使用歴などの簡単な項目の確認で終わってしまうことが多いのが現状です。

またお客さんからは医薬品以外にも化粧品や日用品に関する質問も来るため、医薬品以外の勉強もせざるを得ないことがあります。薬の知識を生かせず、レジ打ちや品出しもする毎日に、嫌気がさしてしまうのです。

「自ら医薬品を提案できる」点に惹かれドラッグストアに転職する方が多いですが、 「思ったより提案する機会が少ない」と感じる方が多いでしょう。

変則的な勤務時間

2つ目として、変則的な勤務時間があります。ドラッグストアには早番・遅番があり、遅番は14〜23時というような時間帯になる店舗もあります。調剤薬局と比べ、ライフワークバランスは崩れるということは覚悟しておいた方がよいかもしれません。

[ad#b]

 

薬剤師の転職を成功させるための3つのポイント

では、このような転職失敗を防ぎ、満足度の高い転職を成功させるためにはどうすればよいのでしょうか。以下に3つのポイントをあげます。

事前に業務内容などを調べよう

転職する前に、その職種の業務内容について、まずは詳しく調べましょう。転職を失敗するケースというのは、「こんなはずじゃなかった…」とギャップを感じるケースでしょう。

そしてそのギャップは、入職前にその業種の業務内容を詳しく知っていれば防げるものです。

 

情報は様々な場所から入手するようにしよう

転職する際には、多くの情報を入手することが重要です。そしてその情報は、いろいろな発信源から入手するようにしましょう。転職する際によくやりがちなのが、「知り合いからあそこの企業はブラックだと聞いたから、受けるのをやめておこう」と選択肢を狭めてしまうことです。

転職に必要な情報は、友人やインターネットだけでなく、転職アドバイザーや実際の企業の説明会など、様々な方向から入手し、情報の取捨選択をして判断するようにしましょう。

 

どんな仕事にもやりがいを見出す努力をしよう

病院、調剤薬局、ドラッグストア。どの職種にも、やりがいもあれば辛いこともあります。大事なのは、今の仕事で辛いこと以上のやりがいを転職先で見つけることです。

嫌なことがあったからといってすぐに職を変えることを考えていては、職歴が荒れてしまいます。必要以上の転職は、できるだけ避けた方が無難でしょう。

転職するべきか現職に残るべきかは、難しい問題です。薬剤師の転職サイトでは決して無理に転職を強制されることはなく、転職するかしないかを含め、アドバイザーの方に相談に乗ってもらうことができます。

すぐに転職を考えている人はもちろんですが、自分のキャリアを見つめ直し、これからのキャリアを考えたいという人も一度相談してみると良いと思います。

こちらの記事も参考にどうぞ

ブランク薬剤師におすすめの勉強法と復帰するためのポイント

薬剤師を辞めたい理由と、パターン別対処法

薬剤師の年収相場(勤務先別)と、年収を上げるための3つの方法

薬剤師の志望動機の例文と書き方のポイント。転職のプロが語る!

薬剤師の転職理由とは?面接で上手に伝える方法を解説!

bg
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月21日 09:24 求人更新
0 コメント
twitter
はてな
facebook

pagetop